作者綴り「2005年5月〜6月分」


お誕生日 2005/6/28
たった今、気がつきました。昨日まで覚えていたのに、今日はすっかり忘れてバタバタと忙しくしていた一日でした。
今日は、花茶の9歳のお誕生日だったんです!あぁ、忘れていたなんて...。ごめんね、かちゃ。 9年前は、この日がいちご狩りもオープンでした。今思うと、随分とオープンが遅いので、その年も寒かったみたいですね。
あの日の光景は、今もはっきりと覚えています。
アイスクリームマシンが2台だけ。しかも、製造能力は、最小のマシンだったので一回で製造出来た量は4リットル缶ひとつでした。
オープンと同時にいちご狩りを含めてのお客さまで列になっていて「今、機会をまわしているので、ちょっと待ってね」とか、スイッチを間違ってアイスが出来なくてお客様を待たせたり...でも、誰も文句なんか言わないで、ははっ、って大笑いして見守ってくれました。
とっても、のんびりとした商魂なんか欠片も無いスタートの一日。夕方、村の人達が集まってお祝いパーティをしたことも、面々の顔や頂いたお言葉もはっきりと覚えています。
花茶スタート時は30坪の小さなお店で、「増築なんて夢の夢だね」と夫と会話もしました。そんな花茶が、元気に9歳です。
大勢のファンのお客さま、ありがとうございまぁす♪
今年は、何故か私も忙しくて何も考えられませんでしたが、来年の10歳のお誕生日は、皆さんと一緒にお祝いできるようにプランを練りたいと考えています。
花茶お誕生日、おめでとう。いちご狩りが終わったら、お祝いしようね。

家族 2005/6/27
高校生の息子を持つ友人(って、呼ばせてもらっていいのかな)から
「映画を家族で見るのはこれが最後かな,と思いつつ
それが何本目かになりました.(笑)」
というmailが入りました。
うん、素敵な家族なんだぁ..と奥様や息子さんをそっと思い浮かべていました。
もしかしたら親離れしている年齢かも知れませんが、私が思うに人は何歳になっても家族の温かさや家族への甘えを求めているんじゃないでしょうかね。
つっぱってみたり照れてみたり、本当は居心地良い場所に居たいくせに、素直に甘えられない。
暴走をしてしまう子供たちや大人達の悲しい記事を読むたびに愛に飢えて育ったんだろうなぁと思ってしまいます。
久しぶりに「家族」をテーマに、自分の頭の中で色んな思いを巡らせた日でした。()

悪戦苦闘の末 2005/6/25
ホームページをリニュアルしました。(ふぅ〜)
しばらく自分で手がけて作成をしていなかったので、久しぶりの作成は苦労の連続でした。
だって、ろくにタグも読めないくせにメモ帳で書き始めたHPです。
過去の記憶を呼び戻しながら、参考書を片手に夜毎キーボードを叩いてきた姿を想像くださいませ。 何度、分投げてしまおうと思ったことか。
叱咤激励の友人達を思い浮かべながら、頑張りました。(笑)
イラストを作って下さった友人、サーバーを貸してくださった友人、ソースを直してくれた友人、ははっと、笑った友人、サンキューでした。
まだ、作成できてないページや中途半端なままupしたページもありますが、おいおいに直してupしていきます。 もしかしたら、「なんじゃこれっ」というページがあるかも知れません。そう思った方は、「ここ、おかしいよ」と、こっそりmail下さいね。

思えば、リニュアルしようと思い立ってから半年以上の歳月をかけていました。歳だけは加算していきますが、仕事能力は減少をたどるばかり。(やれやれ)()

爆発中 2005/6/21
やっと、昨日から「いちご狩り」が開園しました。併せて、先日より花茶の一押しのアイスクリーム「いちご」がデビュー♪
いちごアイスクリームのファンは、お待ちかねだったようですね。爆発的に売れています。(笑)
頑張って製造をしていますが、昨日は夕方には売り切れてしまい申し訳ありませんでした。
いちご畑からお客さまが引き上げられた夕方、私もアイスクリーム用のいちごを摘み取りに畑に入りました。真っ赤ないちごが、葉っぱの下で、恥ずかしがりながら実っていますよ。。 今年も甘いです♪
気もち良い風にのって、子供のはしゃぐ声が響き渡り、そしてカッコーの鳴き声。都会のような雑音もなく、なんて平和なんだろうと思いながら畑でボーと黄昏てしまいました。。
さぁ、今日も美味しいアイスを食べに来てくださいね。
いちごアイスクリームはいっぱい製造しましたよ。()

朝からしあわせ 2005/6/17
窓から見る景色は、緑豊かな初夏の装いです。ホント、気持ち良いですよ。
我が家の食卓の上には、昨日頂いた食パンが私のお気に入りの皿の上で居心地良さそうに鎮座しています。そう、この食パンもあんパンも私の為に焼いて下さった特別のパンなの。
昨日、いらっしゃった十勝のアグリミセスの方たちと一緒にこのパンも十勝から届けられました。
冬の十勝で講演をしたのをきっかけに、農村女性がこの5月に念願のパン工房を開設したんです。背中を押したつもりは無いけど、私の話を聞いて、やってみようと一歩足を前に出してくれた女性がいたことに、嬉しく思いました。
その彼女のパンを食べた朝なのです。とっても、美味しくてシアワセ。もちもち感もあるし、こだわって作っていると聞いていただけにお見事!と感心しました。
彼女のHPは↓です。
http://ankoko.orenest.net/
おめでとう!
一緒に、がんばろうね。()

チャリで花茶 2005/6/9
先日、札幌から花茶までチャリンコで漕いできた友人、I氏に刺激されて、私も身体を動かそうと数日振りにウォーキングをしました。
夕闇が始まりかけた田舎道をトコトコ歩いてみると冬の頃の寒さや風景、そして、いつも車から見る風景と違ったものが私の五感に新鮮な刺激を与えます。
カエルの鳴き声も田舎に住んでいるのに、初めて聞いたような...肌に感じる風の感触や匂い、この感じがいい!
I氏からも同じ思いのmailが届きました。

「カッコーの声、風の音、砂利道の感触、草の匂い
水田の水・・・・・
久しく感じていなかった感覚にゾクゾクしながら
自転車を楽しめました。」

I氏の貴重な体験を元に、花茶までのサイクリングマップを作成してwebで公開しようかという計画も。
ふふっ、それでも、途中で道に迷い尋ねた先で「札幌から自転車で食べに行く程、美味しいアイスクリーム屋さん?」と聞かれたそうな。(笑) ()

森の鳥 2005/6/5
朝からカッコーの鳴き声が聞こえて来るようになりました。
花茶の建っている場所は、昔、近くに小さな森があって夏になるとカッコーが飛び交い、けたたましく「カッコー、カッコー」と歌っていました。真夏のような暑い日も、どこから出てくるんだろうと思うような元気な鳴き声です。歌の文句にある”森の小鳥””静かな森”のイメージが、見事に砕けてしまったと言うのが、私のカッコーに対する初めての感想。
でも、朝もやの中から遠く鳴き声を聞くと、何となく穏やかな良い気持ちになってしまいます。(どうぞ、近くに来て姿を見せないで下さいね。)
森が無くなった事と、車の往来が激しくなって、カッコーには住みにくい場所になったらしくこの数年は姿を見ていません。
今朝も、遠くの鳴き声を聞きながら、遠い昔に思いを馳せていました。あの場所は、豆畑だったり、甜菜やデントコーンを植えた畑でした。 そこで、汗を流しながらカッコーを見上げていた私が居た畑です。()

2005/5/30
今日、札幌の街を歩いていたら突然「ちょっと、ちょっと奥さん、貴女の人相は良い運をもっているよ」と声を掛けられました。
たった、それだけの事ですが、急に気持ちが楽になって明るくなった私です。(笑)
花茶を開いてから、それなりに先々への不安や心配が無いわけでなくて、こう見えても私なりに常に緊張の気持ちは持っているのです。
占いを信じる訳ではないけど、運よい=私健在、花茶健在、きっと、花茶大丈夫なんだなぁという安堵の気持ちをもたらしてくれました。
今日までを振り返っても、めぐり合った人たちも物質的な物も私に運気を運んでくれたと思えます。 だからこのままで良いとは思いませんが、向上心や人を愛する気持ちを失わないで花茶を大事に育てていきたいと思いました。
自分の歩いている道が、伸びていると信じて、「運」を信じて、GO!()

幸せになるんだよ 2005/5/29
今日、花茶のひまわり娘、ナオちゃんが結婚式を挙げました。
花嫁さんも花婿さんも、とっても可愛くて幸せな顔をしています。お式の間、色んな事を思い出して、娘を嫁がせたような気持ちになっていました。
嬉しい時も、辛いことがあった時も、ナオちゃんと一緒に笑って泣いてきた事が昨日の事の様に思い出されます。「ナオ」という字に、随分と励まされてきた私。
今年から就農した花婿さんは、日焼けした顔が、随分と逞しく優しく感じられました。
ナオちゃん、幸せになるんだよ。
花茶のイメージカラーの黄色いドレスを選んで着てくれてありがとう♪ブーケは花茶の庭の花で作ったからね。()
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

フォトコンテスト 2005/5/27
今年、最初の花茶の行事「第二回フォトコンテスト」を終えて、やっとホームページにも掲載することが出来ました。
気持ちと身体とが一緒になって働いてくれなくて、発表や掲載作業が遅くなりごめんなさい。 今回は、せりかちゃんの作品が入選です。おめでとうね、せりかちゃん♪
ご応募下さった皆さま、甲乙を付けるのは申し訳ないと思いますが、ひとつ選らぶというお約束なのでごめんなさいね。
いつも、ほのぼのとした作品が寄せられて少しは花茶が癒しの場になっているんだなぁと、嬉しく思いながら作品を見ていました。ほんと、嬉しいです。
昨年は、ちょっとバタバタ気味でコンテストは一回しか出来ませんでしたが、今年は、秋頃に再びと思っています。
美味しい作品も集まるかな。賞金はありませんが、賞品に花茶のアイスクリームセットというお遊びですが、一緒にあそんでください。
次回は、私もチャレンジしようっと。()

いちごの花が見ごろ 2005/5/26
日差しが優しくなっています。
カッコーの鳴き声を聞いたというお客さまの声で、にわかに初夏っぽく感じるのは私だけでしょうか。 札幌ではライラック祭りが、始まりました。
花茶では、いちごの花が見ごろ♪窓から眺めるいちご畑の様子も変わり、日差しの中で緑の葉っぱがまぶしいです。
いちごの実も、ほら実っていますね。花が咲いてから一月後が、大体の見通し。後、一月後には、いちご摘みが出来るよ。
大地から湧き出るような賑わいの花茶が、もうすぐ始まる..忙しいけど一番充実した楽しい季節でもあります。
気合をいれて、皆様をお待ちしています。(笑)()
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

子羊誕生 2005/5/24
花茶牧場の出産ラッシュが始まりました。 先日のポニーの赤ちゃんに続いて昨日は綿羊の赤ちゃんが誕生です。
タイミング良く昨日はビタミンテレビの生中継が入り、ポニーと綿羊の赤ちゃんもテレビ初デビューを飾りました。
ポニーの坊やは、”うらら”と、何とも可愛い名前を付けてもらっていますが、とてもヤンチャ坊やで昨日ははしゃぎ回って花畑で寝転んで遊びまわり、肝心の撮影時間には全身どろんこ状態。初デビューなのに汚い感じ。綿羊さんの母さんは大きなおっぱいを重たそうにして仕方なく撮影に応じている感じ。
いらっしゃったお客さまたちは、可愛いアイドルにカメラを向けていました。
花茶のシェフもテレビ初デビュー。ぐったりと、お疲れになったようです(笑)()
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

Happy wedding 2005/5/23
一昨日の21日、花茶のお友達が晴れてゴールインしました。やっと訪れた初夏の日差しにも祝福されて、昨日は花嫁さんのお誕生日。Wedding cakeがBirthday cakeに変身して昨日は仲間も集まり花茶の庭でお祝いの焼肉パーティをしました。
ご結婚の祝賀パーティでお2人の思い出の場所が花茶だと伺い、そしてWedding cakeが花茶になっていました。こんな嬉しい事って、いえ、幸せな事ってないなぁ...ご結婚されたお2人に負けないくらい幸せになれた花茶おばさんでした。
今、この歳になって思うのだけど、若いときの愛と老後に思う愛とは違うと思います。長い人生の中でケンカしたり笑ったりしながらお互いの違いを認め理解し合いながら「夫婦」がこれから作られていくのだと思う。
老後を迎えたときにお互いが尊敬し合える夫婦に育っていって欲しい。そういう愛を育てて欲しいなぁと思う花茶おばさんでした。
ずっと、花茶と共にお幸せをお祈りしています。()
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

おめでとうは、嬉しい 2005/5/18
このページに誕生日を迎えた事を記して以来、沢山の方からお祝いのメッセージやお品を頂きました。予想外の祝福にびっくり、嬉しいさと恐縮した気持ちでいっぱいです。
皆さん、ありがとうございます。
誕生日と一緒に運転免許の更新もあり、申請用紙に新しい年齢を書き込みました。でも、年齢蘭を見たときに、一瞬手が止まってしまったのです。(笑)
気を取り直して、新しく迎えた年齢に敬意を込めて記してきましたよ。
相変わらずの憎まれ口をたたく友人からは、カメラが良いの?北の光線は綺麗に撮れるのですか?というmailも入っていました。(ムッ..)
私が悪いんじゃないよ。罪なのは、カメラです。カメラの性能が良いから綺麗に撮れるんです!
実物は、もっとおばちゃまです。だって、花茶おばちゃんだもん。(嬉しい時、幸せな時って、表情もかわるのよね)

でもでも、嬉しいなぁ。普通に人生を過ごしていたらこんな感動味わえなかったなぁ。()
心を込めて「ありがとう♪」

いくつになったかな 2005/5/16
昨日は、雨と寒さの日曜日。
朝、店に出るとスタッフ一同から「おめでとうございまぁ〜す」と声を掛けられました。
そう、何歳って聞かれたくないけど私の誕生日でした。もう、歳なんてどうでもいいです。 元気に、そして仕事に恵まれて働ける事が幸せに思える、そういう事に感謝することを覚えた年齢になりました(笑)
夕方、頂いた花束を抱えて記念撮影。まだまだ、いけますね(笑)
何歳になっても、お花を頂くのは嬉しい♪ありがとう!素敵な50代に乾杯。()
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

ガーデニング 2005/5/11
桜の開花宣言が、道内でも聞こえるようになりましたが、寒い春ですね。
暑い夏は、本当に来るのでしょうか?といつも疑問詞を投げかけている私ですが、少しずつ春へ歩いているようです。
やっと、お日様の顔を見ると、「さぁ、始めるぞ」と意欲がわいてきて今日は、腕を巻くってプランターに花の寄せ植えを始めました。
ピンクや黄色、白、バイオレット色の花たちは、本当に可愛いです♪
今年から花茶の庭の片隅に花屋さんも登場して切花や苗木などの販売も始めました。毎日、花屋さんのお花に会うだけでも気持ちが優しくなって、何かとっても嬉しいです。そう、お花を見て苦い顔をする人はいませんものね。
今年は花茶の庭に、どんな花を咲かそうか...考えるだけで楽しいですよ。()
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

坊や誕生 2005/5/7
うま子こと花茶のポニーから赤ちゃんが誕生しました♪
これで、さくらはおねえちゃんに昇格です。今朝、坊やを覗いてみたら、茶毛の丸々と太った元気な子でしたよ。
お天気が良くなったら、仲良く遊んでくださいね。

今日は、お天気も連休でお疲れになったようで、雨降りの休養日になりました。
さぁ、やるぞって意気込みが消滅して、気持ちも身体もお休みモード。お客さまの足も、少なめでした。みんな、お疲れですよね。
しっとりと降る雨を眺めていると気持ちも潤ってくるようで、本当は晴天でアイスがバンバンと売れる方がいいのに、何故か雨に癒されているのでした。(笑)
明日から、ファイト!
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

家族の一員 2005/5/4
花茶の庭の芝生もあっという間に色濃くなりました。
こぶしの白い花が咲き始めて、桜前線間近を思わせる今日この頃です。先週、一週間、柏で滞在していたので桜の季節ボケをしてしまい、北海道はこれから桜の季節だったんだぁと改めて感動してしまいました(笑)
今日も、花茶の庭には家族の一人である愛犬ちゃんをお連れのファミリーが一杯。あんまり種類が多いので、覚えられませんが見事なワンちゃんたちです。
今日のゲスト写真のワンちゃんは、チャック君。なかなかのハンサムボーイです。
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

第2回ご当地母さんフェスティバ 2005/5/1
昨日、早々の快適な電話の音。電話口から聞こえる彼女の声も弾んでいました。
彼女は、私の大親友。私よりずっと若いのに、もしかしたら年上なの?と思うくらいの思慮や気配りの出来る頼りがいのある友人のひとりなのです。
彼女の武器は”すずきっちん”というネット販売を拠点にしたお惣菜屋さん。花茶のミートソースは、もちろん”すずきっちん”から。忙しい時の我が家の夕食も”すずきっちん”に助けられています。
農家の母さんが作った野菜が一杯のお惣菜って、安心だもんね。
その”すずきっちん”さんが、「第2回ご当地母さんフェスティバ」に参加するというニュースを聞いたのは春の初めだったでしょうか。
昨日の電話では、スタジオ入りすることになったという報告でした。そうです「「のりゆきのトークで北海道」って番組です。
おめでとう♪これから忙しくなるけど、覚悟の上だよね。がんばれ、きっちん!
花茶も花茶のスタッフも応援しているよ

「第2回ご当地母さんフェスティバ」は 
場所 札幌市中央区北1条西14丁目 UHB内
時間 午前10時より午後2時まで

彼女からの報告によると本別町の「豆で張り切る母さんの会」含め9件の出店だそうです。
「豆で張り切る母さんの会」の豆製品、特に”豆腐”と”油揚げ”は、絶品です。(売り切れごめんになるかも)
ゴールデンウゥーク中です。ぜひお出かけくださいませ>花茶ファンの皆様。