作者綴り「2006年5月〜6月分」


ありがとう 2006/6/30
先日、28日は花茶の10歳のお誕生日。昨年は忙しくてすっかり忘れられた日だったけど、今年は忘れないようにカレンダーにしっかりと書き留めて眺めていました。
「増築なんて、夢の夢だよね。もしか、増築になったとしたらお金が掛かっても、嬉しいことだよね」と、そんな会話をしたことを思い出していました。
経理も判らない、接客も判らない、お店の運営も、スタッフの扱い方も判らない、判らないままでスタートしたお店です。よく、ここまで走って来たと思います。
いつも、まわりに愛の手を差し伸べて下さる人達がいて、そしてお客さまが進むべく道を教えてくださったと思っています。
私の人生を大きく変えた花茶や皆さんに心から「ありがとう」。そして、お店の主人公になって働いてくれる花茶のスタッフたち「ありがとう」。昨日も、今日も残業でしたね。 ()
(10歳の誕生日にスタッフ達から頂いた大きな花束です。枯れないようにカメラに収めました。クリックすると大きな画像が開きます。→)

油断は禁物 2006/6/28
グチってもどうしようもない空模様。すっかりご機嫌ななめになってしまったお天気が続いていますね。
こんなお天気なのに、けなげに赤く色づいているイチゴ達。痛んでいくイチゴも多くて毎日取り除く仕事をしています。
店内のショーケースのイチゴアイスはご機嫌の売れ行き。お待ちかねのお客様が多かった事を嬉しく思います。
これだけ製造したから、うん大丈夫!なんて思っていたらタイヘン。土曜日も日曜日も売り切れごめんになってしまいました。(ごめんなさい)
畑からイチゴを摘み取ってくることから始まり、製造に取りかかるので売り切れたからといってすぐ作れるものでもなく、仕込から製造まで8時間は必要です。お客様にごめんなさいと言うしか有りません。
この週末は、油断することなくいっぱいイチゴアイスクリームを作らなきゃと思う今日と言う日。週末まであと2日... ()
(石川県から修学旅行で見えた高校生。フリーな日に花茶を尋ねて来てくださいました。可愛い女学生ね。クリックすると大きな画像が開きます。→)

雨は、たくさん 2006/6/23
梅雨?この1週間は、雨続きで本当にうんざりしています。
春からの低温と日照不足で苺の生育も遅れて、やっと苺狩りがスタートしたというのに、雨ばっかり。苺も傷み始めて、とっても嫌な気分。(涙)
こんな苺狩りのスタートを思ってもみなかっただけに、どんよりとした空が恨めしい。(;_;)
さて、今日は早朝番組の「遠藤商店」の生中継が入り4時起床の花茶おばさん、午後からは、「どさんこワイド」の生中継と慌しい一日でしたぁ。(笑)
生憎の雨が許せないのですが、午後の中継では雨は休戦状態になって花茶勝ち!進行。
今日から発売開始の生いちごアイスクリームの紹介や苺畑の様子がメインでした。
いよいよ発売開始になった苺アイスクリーム♪ お待たせしましたね。製造が忙しくなる事を覚悟して、ファイトの気合に力が入ります。 ()
(リハーサル中です。クリックすると大きな画像が開きます。→)

慌しい里帰り  2006/6/21
30年ぶりの高知の夏を味わってきました。あの日射しや路面の照り返しの暑さ、日傘無しでは歩けない夏に、ずっと昔の若い自分を思い出していました。(笑い)
今回の帰郷は、母の怪我で心配は無いと言われたけど顔を見せるだけでも孝行になるかと思う娘心。
80歳の両親は元気だったので、それをいいことに心配などもせず、元気が当たり前のように思っていましたが、不意打ちに事は起こり始まるのだと思い知らされた気がします。
入院中の母に代わり、父は見事に家事をこなしていました。掃除の行き届いていることにびっくり仰天。父と二人でスーパーに買い物に出かけたのも、今回が初めての事で惣菜に目をやる父の姿に、とても不思議な感覚を覚えました。
長期戦を見せる母の怪我に弱味を見せないで看病に通う父の姿や、実家の弟夫婦を頼りに出来る事のありがたさを思う私です。
そして、わが身にも迫ってくる老いの形について、色々と思いを巡らす今日この頃です。

Big present \(^o^)/   2006/6/15
「花茶10周年のお祝いに花茶ファンが企画する花茶野外コンサート」とか何とかで”ハンバートハンバート”のコンサートをプレゼントしてもらえそうです。♪
数日前に彼らのCDを聞いて、その音色や歌詞に魅了されていただけに花茶でライブが...と想像するとドキドキ。((O(〃⌒∇⌒〃)O))♪
彼らを北海道に呼び寄せるまで、並々ならぬ苦労があったと思うけど、素直にありがとうって気持ちでいっぱい。10年の宝です。
日程は7月23日、まだそれ以上の計画は立っていませんが、ぜひ花茶の10周年記念コンサートへお出でくださいね。
私の願いは、当日お日様もお招きする事が叶いますように。。。

国際でびゅ〜 2006/6/14
よさこいソーラン祭りも終わり、次は札幌神宮祭が始まります。長いことスッキリしないお天気が続いていましたが昨日辺りからやっと初夏かな?という陽射しで今日は、お出かけ日和でしたね。花茶は、とってもお天気に左右されるので、今日は嬉しいお日和でした。
朝から取材の打ち合わせと、取材。又また、打ち合わせや講習会のあった日で、私は気ぜわしい一日でした。
今日の取材は台湾TV局でしたよ。タレントさんは、陳 鴻さんと言う方で台湾ではグルメ番組などに出られているそうです。少しの日本語でインタビューを受けながらアイスクリームの材料となる農場の中継も入りました。
お約束の時間から3時間も遅れての取材だったので、ちょっと不機嫌だった花茶おばさんも甘いマスクの陳さんにお会いするとすっかりメロメロ。さっきまでの不機嫌さはどこへやら。(笑)
同行のタレント小濱さんは、アクションスターだそうで、HPに僕のことも忘れずにと念を押されました。(笑) 忙しい一日だったけど、花茶のアイスクリームも花茶おばさんも国際でびゅ〜♪を果たした記念日です。 (*^_^*) ()
(陳 鴻さん。クリックすると大きな画像が開きます。→)

最近のアイス事情 2006/6/8
中々、夏服が着れないでいます。我が家では、寒がりのチャトラおばあちゃん(猫でーす)が、ストーブを点けてぇ〜と叫ぶように泣くので、今夜も点火中です。\(=^ェ^=)丿
何となく季節が中途半端な感じ。
花茶のアイスクリームも、ふきのとうが終わり、桜の季節もとうに過ぎたので次へステップと思うのですが、肝心のいちごが赤くなってくれません。(;;)
地元で採れ始めたレタスが季節感を繋ぎとめているところです。(苦戦中)
が、このレタスアイスクリームが意外と若者に人気なんですよ。あっ、レタスの味がする!と、店内に驚きと感動の声が響いています。
最近のアイス事情を調べていると、「インカのめざめ」で作り始めたじゃが芋アイスも好調な売れ行き。そして小豆のアイスもファンが多くなってきました。(実は、私の好きなアイスです。)
年間を通しては、南瓜とハスカップアイスクリームがダントツの売れ筋かな。 そろそろ、トマトも...庭のルバーブも大きくなってきたので、シャーベットに仕上げてみたいなぁとか花茶おばさんも忙しくなってきました。
()
(ふ化したばかりの蝉を見つけました。夏が来たのかな。クリックすると大きな画像が開きます。→)

ガーデニング 2006/6/4
先日、ヨーロッパのガーデニングのデザイナーさんのお話を聴く機会に恵まれました。
ガーデンは、家と同じ。家族が食事したり遊んだり一緒に過ごす場所だという。
最近、人に見せる為だけのガーデンつくりをしているような世相を感じていたので、妙に納得してしまいました。
花茶の側の花屋さんには、珍しい花の苗や切花が揃い、花茶の花畑も略、植え込みが終わりました。眺めているだけで笑顔になれる..この季節は、気持ちが和みますね。 ()
(北海道は今、運動会シーズンです。クリックすると大きな画像が開きます。→)

感謝セール第2弾 2006/6/1
数日うっとうしいお天気が続き元気が良いのは庭の雑草だけ。日毎、ぐいぐいと伸びているような気がします。(T.T)
今日は、日差しがあってホットしていました。雲のわずかな間からでも射す陽は人の心も照らしてくれるように気持ちを明るくしてくれます。やっと、やる気を起こして庭の手入れを始めてみました。でも、すぐ、腰いたぁ〜いと伸びてしまいます。^-^;
緑の芝生を背景に色とりどりの花が咲いて、沢山のお客様を迎えられる日を想像しながら花を植え込むのは楽しいです。
今日から花茶の10周年記念の第2弾がスタートしました。この春からバニラ味のみだったソフトクリームもチョコレート味が加わっています。どうぞ、ご賞味くださいね。 ()
(旨そう。。。。クリックすると大きな画像が開きます。→)

生態系の変化? 2006/5/30
カッコーの鳴き声やひばりのさえずり、待ち遠しかっただけにホットします。
先日来よりキジの鳴き声が、花茶のすぐ側から聞こえているんですよ。わが耳を疑ってしまいましたが、確かにキジが鳴いています。
夫に言わせると、アライグマが繁殖して反対にキツネがいなくなりキジが増えてきたのだとか。そういえば、昔は随分とキツネを目にしていました。我が家のベランダにご挨拶に見えるくらいキツネと共生していたくらいでした。 キツネの泣き声が一晩中聞こえた事もあったけど、そういうことも無くなってきてます。アライグマに座を奪われキツネの時代は終わったのでしょうか。
どっちも嬉しくは無いけど、キジや山鳩、ひばり等の小鳥達のさえずりが聞こえるのは嬉しいです。 ()
(すりすり、お父さんの匂いかなぁ。クリックすると大きな画像が開きます。→)

10年の歳月 2006/5/28
花茶10周年という節目の年に、偶然なのか懐かしい人たちにお会い出来たりお便りを頂いたりします。 もしかしたら何でもない事かもしれなくて、私が特別に10年を気にしているからかも知れません。当時のたった一言のねぎらいの言葉や忠告、苦情、お褒めの言葉、等など鮮明に蘇ってきます。でも、嬉しいのです。記念すべき年だから。
そうね、これ程、一生懸命に生きた事は無いくらい花茶に全力投球をして歩いてきました。今では色んな事が勝手に動きまわっているかのようにスタッフ達が事を運んでくれる様にまで成ってきました。時々、置いていかれそうに成ります。(笑)
花茶、誕生日まであと、ひと月です。 ()

いちご便り 2006/5/25
6月の声が近くなると、いちご狩りのお問い合わせが多くなってきました。
いちごは、このところの陽気でとっても良い成長振りです。♪
キラキラと緑の葉っぱが輝いて白い花も目立つようになりました。お花が咲いて、ほぼひと月も経てば真っ赤ないちごになっている筈です。
花茶のいちごさんは、ねっ、元気な顔しているでしょ。あと、ひと月お待ちくださいね。
花茶の店内では、いちごアイスは?の声です。こっちも、あとひと月お待ちくださいね。
多くのお客様が、花茶のいちごアイスをお待ちになられている事を実感する毎日です。
10年前の今日という日も、小さな製造室でいちごアイスだけを試作していた事を思い出します。当時、私の勝負の切り札は「いちごアイス」だけでしたね。
()
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

ママを探していたの 2006/5/23
数日前から、花茶の周りをウロウロしていたアメショーの猫。
とても人懐こくてノラ猫には見えない。しかも、彼の衣装の豪華な事。人目をさらうくらいの好青年の猫ちゃんです。
捨てられたのか、迷って来たのか不明だけど花茶に居付かれても...困ります。
里親探しをしていたところ、優しい娘さんの目にとまりやっと婿入り先が決まりました。
あぁ〜、よかったぁ。

()
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

今年も、花茶パーティ 2006/5/21
数えて6回目になると言う。そんなに回を重ねていたのかと、ちょっと驚きでした。
そういえば、ザンザン降りの雨の日も、テントを張って騒いでいたし、まだ寒い5月の夜空の下でも平気で騒いできた回数を数えてみると6回目かなぁ。
遠くは大阪?、名古屋、東京、そして道内各地から回を重ねるごと増えている感じ。
必修科目の山菜採りと新科目で石釜でピザを焼いたりした後は、お決まりの酒宴。
雨か曇りの天気予報を見事に外して、奇跡のような青空は、神様からのプレゼントとも思える2日間でした。夜空の満天の星も、都会の人たちへのプレゼントね。

花茶パーティ?花茶おばさんにとって未知なる世界だったITの世界。その扉を開けてくれた仲間たちの集いです。多分、最年長とも思える花茶おばさんを育ててくれて、ありがとう。 ()
(キャンプして明けた朝。春の日差しが眩しい。二人の後姿もまぶしいね。クリックすると大きな画像が開きます。→)

定年帰農 2006/5/17
こういう暮らし方もあるのかと、日焼けした彼の顔をみて笑みがこぼれた。
このところ初夏のような日差しと気温で農作業には持ってこいの日々が続いています。
農家の仕事は、休むことなく次々と湧くようにあるもので、雨でも降らないと休めないものです。さすが、疲労の色の濃い日焼けした顔でした。
見渡す農場には、無農薬で育てている果樹やたくさんの種類の野菜たちが草と競争しあっていました。雑草のタンポポの黄色が綺麗。(笑)
第一線での職務を終えて、自分の為の楽しみで農業をやり始める事が出来る満足感、そういう人生設計をして得た第二の人生を歩んでいる夫妻をみて、羨ましくもあります。
農業を嫌う人もあり、農業をやりたくても出来ない人もあり、夢を現実にし余剰の気持ちで農業を始められるのは幸せだなぁと思いました。 ()
(彼の農場で咲いていたサクランボの花です。クリックすると大きな画像が開きます。→)

北海道の桜 2006/5/16
葉っぱも同時進行で咲く(開く)北海道の桜。山桜なのかもしれません。
淡いピンク色と若葉の色が、きれいよ。♪
新緑が始まったばかりの木々の間に、ぼんぼりのように桜の花がやわらかく見えます。
山のふもとの田んぼでは水を張る季節になって、蛙の合唱も始まっているでしょうね。 とっても、いい季節を迎えました。 ()
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

やっぱり嬉しい誕生日 2006/5/15
早々に思いがけなく友人からお祝いのメッセージをいただいて、今日は嬉しい私の誕生日でした。
花茶の隣のお花屋さんや友人、スタッフ達からも大好物の豆菓子から花篭やコーヒーカップなど両手に余るお祝いの品々、嬉しいね!ありがたいね!
若さは年々無くなっているけど、私の周りの財産はいっぱいよ。だから、歳取ることが苦じゃないです。みんな、ありがとう。

今日、見えた年配のおじ様が「この店は、創業何周年になるんですか?」と、聞かれました。10周年ですよと応えると、「中々、従業員にも良く判っていて、いいことだ。10周年になるんだよね。20年、30年と続くようにね」と、言って帰って行かれました。
今更、オーナーですとも言えなかったけど、おじ様の言葉が嬉しくて20年、30年続けられるように頑張りたいと思ったことです。
誕生日の今日という日に、こういう言葉をいただいたのも嬉しく思いました。 ()

母さんの日 2006/5/14
今日は、母の日でしたね。
お母さんと呼ばれる存在から一歩後退しているので、段々と母親と言う自分を意識してないような自覚の足りない近年の私です。
お母さんと呼ばれて忙しく動き回っていた頃が、懐かしく思われるようになりました。
濁点を付けたら「ばばの日」だねって言う友人もいて、そっちの言葉が似合っているかな。(笑)
母の日が、寂しい人もいるなぁと思うと、、花束や感謝の言葉を贈ったりもらったり出来る今を幸せの思います。
「母の日にアイスクリームをお願いします」と、ご注文も嬉しく思った週でした。
()

桃色の街 2006/5/13
淡い桃色が、とってもやわらかく暖かく目に映ります。♪
待ちに待った桜が咲き始めました。
実家、高知に暮らす頃は、桜が咲けば夜桜見物と言いながら桜の木の下でお弁当を広げて騒いだものです。ぼんぼりに照らされた桜も、又、綺麗で、趣がありました。
さすが、北海道に来てからは、夜桜は寒くて出かける気にもなりませんが、先日ライトアップされた桜の木の下で円を囲んでいる若い人たちを見て微笑んでしまいました。
さくら、さくらは、いいですねぇ。散る日まで、ぼぉ〜とした気持ちになって眺めていたい花です。
今日は、お花見のドライブの行き帰りでしょうか。花茶も賑わった一日でした。 ()
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

イチオシ! 2006/5/10
桜の木が、ほんのりピンク色。もうすぐ、咲きそう。♪
札幌の街並みでは、桜やレンギョ、チューリップなどが華やいで咲いていました。
土手のタンポポの黄色も嬉しい春色。♪
今日は、雨降り。しっとりと大地に滲みこんでいくような春雨です。
ちょっと重たいような外の景色と裏腹に、店内はTVの生中継や雑誌の取材が入りライトで照らされて華やかに賑わいました。
季節限定の桜やふきのとうのアイスを紹介して頂き、今が旬になった”にら蕎麦”や”おしゃべり花茶のポテト麺”も今回のメニューです。
レポーターの藤尾君の追いかけマンらしき若い娘さん達も見守る中、中継は終了しました。いつものお約束の記念写真です。 ()
(クリックすると大きな画像が開きます。→)

待っていた季節 2006/5/6
「この季節を待っていたのよねぇ〜」と、にこにこ笑顔のお客さま。
大型連休も終盤になってきましたが、お客さまの笑顔がこぼれるような穏やかな日差しの一日でした。
ポニーのさくらちゃんも今日は芝生の上でちびっこちゃん達に遊んでもらっていましたね。とっても、のどかな休日の午後。風も日差しも満点でした。
花茶のアイスが、美味しい季節です。♪
花茶おじさんは、大根やとうきびの種まきに忙しい一日。賑やかな花茶の庭を眺めながら農作業をしていたそうです。
美味しいとうきび、早く食べたいね。 ()

ゴールデンウィーク 2006/5/1
黄金の休日がスタート。9連休もあるさ♪と、ニンマリされているお客様の笑顔が目の前にチラついて離れられない花茶おばさんは仕事オンリーのゴールデンカラー。
花茶へお越しくださってありがとうございます。♪

さて、ヨーロッパへ旅行中の友人からメール便が度々きます。羨ましいようなそれこそゴールデンタイムの日々のようです。
今朝は、トスカーナで農業体験3日間のレポート付き。受け入れ農家のお母さんたちが、とってもしっかりしていて働き者だそうです。以前に、スローフード関係の本を読んだ時もそういう事を書いてありました。
心地よい環境を作る為には、食事の材料の種を撒くところから、いえ畑の土を作るところからスタートして、手間隙かけて最後に胃袋に収まる。その過程の中で、働き者の母さんたちは大らかな笑顔を振りまきながら頭と手を動かしているようです。
今朝は、遥か遠い異国、イタリアの農場画像を見ながら、ぼぉ〜とスロータイムを過ごしていました。今朝のコーヒーは美味しいです。
今日から5月ですねぇ。。。 ()