作者綴り「2009年5月〜6月分」


良い子は、早寝早起き 2009/6/29
花茶の窓から眺める風景は、毎日見ている私でも、一日の労働が報われる癒し系。
早朝の製造の後のひと息に見る風景は、明るく輝いて今日のエネルギーが湧いてくる。
花茶のオープン当初から昨年まで、早朝の製造から夕暮れまで、家事労働の分野を投げ捨てて没頭して過ごしてきたので、朝から晩までこの風景の中。
飽きる事無く、眺め癒されて過ごしてきました。
次男がUターンしてきて、今年はそういう生活から一歩離れて、随分と楽チンな時間帯で生活しています。
でも、身体の時間的余裕はちょっと出来たとは言え、肉体の老化は進行中。(笑)
寝るしかない!と、早寝の良い子の花茶おばさん。
朝の目覚めの時に、随分と楽な生活になったとふと思う。
(ソフィーちゃんのおやつはアイスクリーム。)

たくさんのありがとう 2009/6/28
重ね着をしていた数日前とは打って変わってノースリーブの夏ですね。
今日も、沢山のお客のいちご狩りでした。先週も真っ青になったけど、今日もお客さまの多さに真っ青。
こんなに広いいちご畑だけどすっぽりと人に埋まっていました。
きっと、ご満足するだけのいちごが無いだろうと思われました。
朝から夕暮れまで花茶の庭ではご家族のゆるやかに過ごす姿が見られて、そういう風景を眺めているとホットします。
お店の閉店後、ひとり広いいちご畑にポツンと立ってみました。
昼間の雑混が嘘のようでしたが、沢山のお客さまの足跡が現実に引き戻してくれます。
この風景もお天気も沢山のお客さまも、そして忙しく立ち回りながら働いてくれた花茶のスタッフたちも、みんなありがとう。
(好天、爽やかな一日でした。)

シーズン真っ盛り 2009/6/26
5○歳と4○歳の結婚お祝いパーティーにお呼ばれしました。
半世紀待って、赤い糸で結ばれたというお二人。幾つになっても、初々しい感じがして新婚さんはいいですね。微笑ましいカップルを見て、今日の疲れが吹っ飛んだ気がします。
好天が続き、いちご狩りも最盛期に。
連日、お客様で賑わっています。
今年は、スタートが早かったけど、悪天候でいちご狩りらしさが無かった花茶です。やっと、いい感じになってきたと思うのですが、終盤が近くなってきました。
花の命と同じ。いちごの時期も短いなぁ...。
今日は、3組も珍しいお客様に会うというメデタイ日。
数年ぶりにあう友人はお互いの年齢を感じたけど、気持ちはすっと若い頃に戻ります。
朝からこの調子だったので、ハイテンションで若い気満々で一日すごしました。
(いちご、あるかなぁ〜。)

太陽だぁ 2009/6/24
何日ぶり?朝から暑いお日様が射していました。
お天気の良し悪しに関係なく雑草は元気だけど、このお日様を浴びた花茶の庭は、芝生も花も元気印。♪キラキラと輝いて見えました。
もちろん、花茶おばさんも全身にエネルギーが湧いてくるような元気をもらいました。
自然の力には、敵いませんね。
このお天気に誘われてか、今年もデイサービスのグループが見えるようになりました。
車椅子を押す介護の人達の後姿を見ながら実家の母を思い出しています。
(木陰が、気持ちよくなりましたね。)


一昨年、花茶で働いていたさらさちゃんがファミリーで遊びに来ました。
ひなちゃんがハイテンションになって喜んだのは無論ですが、花茶のスタッフたちも大歓迎。
みんなで焼肉パーティをして歓迎会です。

花茶のシーズンは忙しいけど、思いがけない訪問者に嬉しい思いもいっぱいです。
昨日も高知から友人のお嬢様が、尋ねて来てくれました。
中々、会えない友たちだけど、子供達や孫を通して交流も出来るような関係に育っている事が嬉しいですね。
高知のはちきんおばさんは、元気だよ。安心してね。>My friend
(さらさちゃんファミリーと焼肉だぁ〜い。)

カウント 2009/6/21
数えるつもりは無かったけど、ついつい指折りするクセがついて、今日で5回目です。
雨降りの週末に又、なってしまった。
今朝も駐車場の車を見て、真っ青になる。
イチゴも負けずに青い。
電話の応対では、このお天気だからといちご狩りをお勧めしないのだけど、雨降りに関わらずいちご畑はお客様の姿でいっぱい。
当方としては、有り難くてたまらない気持ちに成るけど、さぞかし寒かろうと老婆心で眺めていた。
お天気が続かないからイチゴも加熟しないし、折角いらっしゃっても、きっと不満がいっぱいだろうと思いながらお客さまを眺めているけど、 有り難い事に皆さんのお顔が優しいのが嬉しい。
(花茶おばさんの内心は、ハラハラドキドキなんだけど)。
こんなイチゴの季節を迎えるのは初めてかも。毎年、気温と空模様と、いつも気になって安心してシーズンを迎えることは無かったけども、こんなに不安な事も無かった。
色々あるさ、と思いながらも一年に一度のシーズンだからね。

今日、新米スタッフが、「お客様にアイスクリームを手渡した時、みんな嬉しそうに微笑んでいい顔をしてくれるね」と、嬉しそうに話してくれました。
(平日のいちご狩りも賑わってました)

てるてる坊主、てる坊主さま 2009/6/18
一向に、よいお天気にならなくて、いちご狩りが始まっていると言うのに私の気持は、全然盛り上がってこない。
この下降した気分は許せないと自分を叱咤するけど、重たい空を見るとため息が出る。
お天気で人の気分は随分と変わると思う。どんなに忙しくても晴れ!であれば、今日も頑張ろうと思えるけどね。

そんな私の気持ちとは反対にいちご畑は沢山のお客様で賑わっていた。
こんな寒い空なのに、気の毒で仕方ない。ぱっと、晴れてよ!
今日は、つくし幼稚園の園児たちが苺摘みに。
子供は風の子とよく言ったものだ。
花茶の庭で元気よく駆け回っている園児たちを見て、花茶おばさんもやっとスイッチオン。
気合で週末も晴れ!。せめて気持ちだけでも晴れを保っていよう。
てるてる坊主さんも気迫を見せてね。

贅沢な休暇 2009/6/16
よさこいソーラン祭りに併せて来道していた高知の友人達といちご狩りで忙しい花茶を横目に今年は旭川方面へ出かけてきた。
話題の旭山動物園へは世間の人達よりも数年も後れを取って、やっと実現した。
そうか、旭山とはこのアップダウンがある山の動物園なのか..と変なところに感心している私。
動物園に足を入れたのは何年ぶりの事だろう....。可愛い孫を連れて動物園へ行く事も私の夢だけどね。
可愛い動物に惹かれて、アップダウンのある園内を歩き回ったので、結構疲れたぁ。(笑)




今回の一番の目的は、上野ファームさんのイングリッシュガーデンを見ること。
TVドラマの”風のガーデン”ですっかり有名になっているけど、実はその以前から友人に教えられて、ずーと見たいと思っていたお庭です。
農家と言えども、こんなレベルの高いお庭を作り上げたご家族に乾杯。♪
本当に、素晴らしいの一言につきました。
このレベルには到達できないけど、花茶は花茶らしく、そして私らしく花茶ガーデンを作っていきたいと新しい刺激に感謝しながら帰路に着きました。
み○ちゃん、又、来年♪こんなご褒美の旅行が出来るといいね。





花茶ではTV番組「イチオシ」さんが、入っていました。
眩しい照明が、店内を明るくしている中、龍夫さんが番組に対応中。
いちご狩り、アイスクリーム、レストランメニューと盛り沢山の花茶を取り上げてくださいました。

雨にも負けず、寒さにも負けず 2009/6/13
週末になると寒い雨模様の天気になる。これで4週目らしい。
いちご狩りがスタートしたばかりなのに、私の気持ちがイマイチ盛り上がらないのはこの天気の精だろう。
重たい空の下で、めげずにいちご狩りを楽しんでおられるお客様の姿を見ると、こんなはずじゃないのにとグチっぽい気持ちになってしまう。
札幌のよさこいソーラン祭りは、盛り上がっているみたい。時々、陽が射していたから良かった、よかった。

(あたし、いちご狩りしています。→)


運動会の花火も元気よく聞こえてきたけど、寒かろうと可愛そうに思った。
いろんなイベントがあるこれからの季節、温かくて元気の良いお日様が必要です。
天気予報は、明日も雨だって。ウソでしょう。
(痛快、丸かじり。あたし、こうやって食べたかったの。→)

オイシイって、いいな 2009/6/11
最近、いつも気にしてみている北海道新聞の料理レシピ。
タイトルは”オイシイって、いいな”。うん、オイシイ笑顔は、みんなを幸せにしますね。
私が、料理を気にするのも、ちょっと、ワケ有り。
明日、よさこいソーラン祭りに併せて、高知から親友夫妻が来道します。
「美恵の忙しいの判っているから、構わなくていいからね」と、優しい言葉が、電話口から、でもねぇ〜、お料理くらい出来なきゃね。
そんな訳です。(笑)
まぁ、この年齢では油ジュージューの肉食は食べたくないので、花茶農園のお野菜たっぷりのお料理でおもてなしですね。
(次男が釣り上げたヒラメ。全長53センチの大物でした。思わぬオイシイに恵まれた夕食でした。→)

いちご狩りスタートで〜す♪ 2009/6/9
併せて、いちごアイスクリームも発売開始です。♪
ご来店のお客さまから、「いちごのアイスクリームは、無いの?」と、よく聞かれます。ひっきりなしに鳴る電話は、「いちご狩りは、まだですか?」のお問い合わせです。
まだ先ですというご返事から、やっと、「明日から発売開始です」と、「開園します」の両方のご返事ができるようになりました。
本当に、お待たせいたしました。
いちごは”宝交早生””きたえくぼ””けんたろう”の三種類です。
いちご畑の長さは200メートルあります。軽くグランド一周の距離ですね。
いちごも気には成りますが、ゆっくりと200メートル先まで歩いてみてください。
素朴な農村の風景が広がって、身体に感じるお日様も風も、そして小鳥達の鳴声も、きっと五感に優しく感じるはずです。
ご家族で、お仲間で楽しい花茶の一日を過ごしていただけたら、とっても嬉しいです。
いちご狩りの終えた後は、花茶おばさんの自慢のアイスクリームもぜひ、どうぞ。ねっ。

今日も、うさぎさんに里親が見つかって嬉しかったです。ぼちぼちですが、可愛がって下さるお客様にお譲りできて安堵しています。
(今日は、パパも一緒に花茶ホリデー。→)

いちご♪いちご♪ 2009/6/7
3週続けて雨の日曜日。
かなりうんざりとした気持で朝を迎えた。今日は、日航マラソンもあって、本州からのランナーもさぞかし気持ちが萎えている事だろうと思われた。
花茶フレンドのMさん、完走したらしい。4位に入ったというから”まぁ〜!”と、喜んだけど後ろから4位だって。(笑)でも、雨にくじけなかったのね。

花茶の”いちご狩りの陣”が、いよいよ始まる。
いちごアイスクリームも10日(水曜)から販売開始のメドが付きました。いよいよです。♪
スタッフ達も、ゴールデンウィークに続いてこのいちごの時期は覚悟の時とばかり、気持ちも引き締めています。
(今日のおやつは、いちごのロールケーキ。勿論、いちごは、花茶の畑から摘みました。→)

お助けマン 2009/6/6
花の苗を植え始めてみたが、思うように事が運ばなくて八方塞のような気持ちに落ち込んでいた。
今朝の事、まだ朝食の準備中と言う時間に、花畑で花植えをしてくれているOさんご夫妻の姿があった。
宿根草を持って来てくれて、植え込み作業をしている。私の買いそろえた花苗も、この際とばかりに植え込み作業をしてもらった。
あぁ〜、やっと植えた。♪
「一人でやるよりも、2人、大人数の方が、それだけ素敵な考えがあるから、もっと素敵になりますよね。花茶は、これからも素敵になりますね」と、 今朝の報告をしたら杏子ちゃん(家のお嫁さん)からmailが届いた。
うん、ホント。
今夜の雨も花苗には恵みです。(でも、明日は降らなくていいよ)
(Oさんご夫妻は、お忍びで花植えしていました。ありがとう♪→)


いよいよ、イチゴの季節になってくる。
イチゴ畑を見回ると、ボチボチ赤いイチゴが見えてきた。
この調子だと来週は開園しているかな。お待たせのイチゴさんは、素知らぬ顔しているけど、開園はいつですか?のお問い合わせに、少しはマシなお返事が出来るようになってホットしています。
先日から、敷き藁作業に忙しくしています。
お客様の足元が汚れないように、雨の跳ね水でイチゴに土が付かないようにと敷き藁を敷くのです。
イチゴさんは、敷き藁の座布団の上で真っ赤に熟れてくれることでしょう。
(広いイチゴ畑の作業は、大変です。→)

貴女のチカラよ 2009/6/4
北海道女性農業者倶楽部(マンマのネットワーク)の総会後のミニ講演で、芽室在住の高遠智子氏のお話を伺った。
末期癌を日常の暮らし方や気持ちのあり方を変える事で、克服されたというお話です。
何よりも日々の食事の大切さを話されて、オーガニックや薬膳料理に目を留めて、今では薬膳料理教室を開かれているとのこと。
とても余命半年を克服された女性には見えなくて、爽やかな笑顔で講演してくださいました。
昨年、大切な幼馴染を亡くした私は、誰でもある自然治癒力を信じてきっと治ると力づけてきたのに、なぜ彼女には適応しなかったのだろうと自問自答しながら耳を傾けていました。
身体から癌か消えた!驚異の体験をされた高遠氏を、特別な人のような目線を投げかけて聞いていた気がします。
で、切花も毎日話しかけて愛しく眺めているとひと月もふた月も枯れないで咲いてくれますよ、という話も聞いた。
折りしもマンマの総会に併せて、愛知のエミちゃんが花篭を贈ってくれた。花茶のお店に飾ったらいいね、という仲間の好意に甘えて、ルンルンで頂いてきた。
そのルンルンの笑顔の横で、「そのお花が、長く咲き続けるかどうか、あなたのチカラよ」と、投げかける友あり。
(「綺麗ね、ありがとうね」って、声かけているよ。→)

朝日は、いい気持ち 2009/6/2
先週から、うっとうしい曇り空が続いていたけど、今朝は久しぶりに朝日が差している。
とっても気持ちが良い。
お天気が、悪い間カメラを持つ気分にも成らなかったけど、今朝は我が家の庭を、久しぶりにカメラをもって歩く。
バタバタとしている日々、気に留めていなかったクレマチスやつつじが咲いていた。
花茶の庭も、やっと花植えに入ったけど、案外と楽な作業ではない。
まず、腰が痛い。(笑)仕事の合間の作業は、はかどらない。あれっ、これどんな花?どんな色だった?花丈は?と撒いた花に自信がない。
花さんが一番喜ぶ季節に入ったのに、思うように出来ない花畑と格闘しています。
目標は、3年後。あせるな、あせるな花茶おばさん。

昨日、九州から車で。しかも女のひとり旅。異名”かんれきおばはん”だそうな。
旅の疲れなど微塵も無く、ハツラツとした中年女性。そのパワーを花茶おばさんに、どうぞ。
(ハッチさんも朝食のお時間。この蜂さんの怖さをしらないミッキーは、飛びかかっていきます。→)

横文字旋風 2009/5/30
今年もシーズンを迎えました。
レンタカーに貼られている青いステッカーは、外国からのお客と誰にでもわかるようにという識別用のもの。花茶の庭に、並びます。
アイスクリームとランチメニューと、アンディーとみなみちゃんが作ってくれた英語版メニュー表を片手にしどろもどろの横文字会話。
スタッフ達と雁首並べて、ふにゃふにゃ。汗がでますぅ。o(*^▽^*)o~♪
ひと夏、冷や汗をかきながら横文字会話の戦いだ。(笑)
さて、北海道は運動会シーズンを迎えました。
今朝は、生憎の曇り空。運動会日和ではないけど、遠くから花火の音が..。
花火の音を確かめながら運動会の朝はお弁当を作った昔が懐かしいです。
(花茶の庭で楽しいお遊戯。このあどけなさ、カワイイ。→)

フレンド 2009/5/28
つい先日まで、日向を追いかけて歩いていたのに、気が付いたら日陰を追って歩いている事に気が付いた。
日差しは夏。
街路樹も見事な枝ぶりになって木の葉が落とす陰で涼もうと思う。
花茶のシーズンになって視察団体も多くなってきた。
お迎えするまで、ちょっと緊張するけどお相手が女性団体だったりすると直ぐに打解けて仲良しになれる。♪
昨日も、そう。花茶の視察だけに留まらなくて、夕食のご招待を受けて、すっかりお仲間に入ってしまった。
まるで旧知の仲のようになっている私は、幸せな顔をしている。楽しい。
近くにいても中々会えない友達もいる。
久しぶりに、どうしている?と電話してみた。
広い畑の真ん中で、今、一人で仕事しているよ。元気だよ。と明るい声が返って来た。
(ハニートースト。甘くて美味しい今日のおやつでした。→)

いちご、まだよ 2009/5/25
イチゴの花が満開。白い花の波が綺麗に畑を彩っています。
毎日のようにいちご狩りのお問い合わせのお電話が..。そして「イチゴのアイスクリームを下さい」の声も、多くなりました。
ごめんなさいね。まだ半月以上先ですよ。
来るべきイチゴの時期を目の前にして、色々と準備に忙しい花茶です。
問題が発生しないように、花茶おばさんもちょっと神経が過敏に。(笑)
忙しくなるとバタバタした姿になってしまい、余裕の無い行動は笑顔も忘れがち。
忙しい時こそ、ゆっくりとしたのどかさを見せるのがお客様へのサービス。
ゴールデンウィーク中は、この点にシッパイしました。
ゆっくりゆっくりと呪文をかけながら、ゆったりと慌てないように。お客様に気持ちよく過ごしていただけるように努めたいと思っています。
(花茶のいちご狩りの畑です。→)

若葉の季節 2009/5/21
白樺の若葉が夏の日差しに輝いてキレイ。葉っぱの落とす木陰も夏の感がして、いつの間にか北国も夏らしい。
札幌では、ライラックが満開。リラ冷えの季節とも言うけど、昨日も今日も夏だ。
2泊3日でステイしていた子供達が帰った。ちょっと、寂しい。
まだ中学生ということもあるかな、とにかく可愛くて素直。
後、10年もしたらガールフレンドの一人でも連れて来て欲しいと言うと20年待ってと言われた。
ダメ!おばさんの20年先は約束できません。ってなことないか、憎まれっ子でいれば長生きしているはずね。待っているよ。
今日は、千歳川で川くだりするそうな。水しぶきを浴びて、歓声をあげているふたりの顔が浮かんできた。

夏空になると、バイクや自転車のお客様の姿が、見られるようになった。「シーズンになったね」と、笑顔のご挨拶。
(画像をクリックすると。。。→)

ファームステイ 2009/5/19
今日から2泊3日で、可愛い中学生が2名、我が家でステイしています。
家の子も、こんな可愛い時があったのかしら?と、思うくらい素直でハキハキとした少年たち。
いつも、どんな子が来るのかなぁ..うるさく思うくらい元気な子がいいなぁ、とか、来る方も迎える方も、ちょっと不安を抱きながら対面ですね。
「こんにちは」の、一言でちょっとの不安が、吹っ飛びます。
今日は、早々にイチゴ畑で除草の作業をしてもらいました。
ひと畝の長さが200メートルあるイチゴ畑の向こう側で、働いていますよ。
家の子供達の頃の修学旅行は、観光旅行が主でした。
すっかり変わって、社会勉強というのか身体で実社会を体験するようになったんですね。
しかも農作業の体験、彼らは本当に希望していたのかしらとフト思ったりしますが、屈託のない笑顔や動きを見ていると安堵の気持ちになりました。
大人の考える老婆心をはるかに超えて、子供は子供の世界を生きていると感じました。


紋別の偽弟から熱いメッセージつきのバースデープレゼントのCDが、贈られて来ました。
こんなにみんなにお祝いをしてもらって、いいのかな。身に余る幸せ。
CDラジカセを台所に持込んで、彼の笑顔を浮かべながら朝食の仕度をしよう。(「朝の小栗家のキッチン」とこのCDのイメージがピッタリなんだって。わくわく)
(画像をクリックすると大きな画像になります。→)

花茶キャンプ 2009/5/17
恒例になって今年で9回目になる花茶キャンプ。
今年も東京組も参加して、楽しい2日間が、花茶の庭で花咲いていた。
年毎に、新しいファミリーが加わり、年を重ねる楽しみがここにもある。
花茶の山で山菜を採ってくるのも、いつものお約束。
星の綺麗な夜は、みんなでビール片手に焼肉の舌鼓。楽しい。♪
そういえば、どしゃぶり雨の日もあったね。それでもめげずにテントの中で焼肉をしたことなど、年を重ねると思いでもいっぱい。



今年は、キャンプの最後にマラソンも。
長沼温泉まで11キロ。
3人の勇者が、ランニングして行った。
来年は、10周年キャンプだよ。♪
(新緑も、気持ちいい。ランニングの後姿もいい。→)

毎日のうた 2009/5/15
”あらかん”と、言われながらも、ちっとも嫌な気持ちにならない私の50代最後の誕生日。
スタッフ始め沢山の人達から温かい気持ちを頂いて、花茶あってのこそ得られる幸せなんだろうなとフト思ったりしていた。
いつも誰かのお誕生日には、スタッフたちが素人なりのケーキを焼いてお祝いするのが、花茶の習わし。
恒例にしたがって、忙しい最中に私に隠れるようにしてケーキを作ってくれていた。よくまぁ、作る暇があったものよと感心。
世界に1.2冊しかない本で製作者に無理言って分けてもらったと言う本を、お友達から頂いた。
大好きな キコリのカポウさんのdaily songs集。
素敵な可愛い歌声といつも絶やさぬステージでのあの優しい面を思い浮かべながらページをめくる。
時には、憎たれ口を聞きながらも花茶や私たちを大事に思ってくれる大事な花茶のフレンド。
みんなのさりげない優しさに胸がいっぱいになった。一年、”あらかん”と冷やかされながら笑って過ごせそうだ。
(いつもバックの中で、癒さしてくれそうな本です。→)

レイちゃん 2009/5/14
何年ぶりだろう..ひょんなことから花茶で面倒をみることになって、新しい飼い主を探しながら面倒を見てきたレイちゃん。
安心してお任せできるご主人を見つけて手放してから6年は経っただろうか。
時々聞く便りに、可愛がってもらっているなぁと安堵はしていたけど中々会えなかった。飼い主の家の辺りをうろうろして、レイに会いに行った事もあったけど、私も娘も会えなかった。
今日、突然そのレイちゃんが逢いに来てくれた。
覚えていたらしくて、すぐさま近寄って来たけど、大好きだった次男を見ると尻尾を振って擦り寄っていく。
本当に、可愛い。レイちゃんに会えて、本当に嬉しかった。
(レイちゃんに会いたかったよ〜。元気で、嬉しい。→)



私の誕生日には、一日早いけど、花茶フレンドが大きな花束を抱えて来てくれた。 (o^.^o)

彼の奥さまからも手製の鍋つかみが。(私が、欲しいとおねだりした事があった物)
一年でも一日でも、まだ誕生日が来てないから、その歳じゃないよ!と言っていたい気もするけど、今日は素直な気持で嬉しいと思った。
最近、スタッフから聞いて知ったけど”アラ・カン”らしい。
以前は、抵抗する気持ちがあったけど、何故だか素直な気持で歳を認められて、歳を重ねる事に不満がなくなった。
ありがとう。♪
(黄色は花茶の色。きっと、想いを込めてくれたんでしょうね→)

花曇り 2009/5/12
このところ曇り空が多くて、肌寒い。
ゴールデンウィークの期間中、温かく過ごせたのは本当にラッキーなお天気だったと改めて思った。
午後から降り始めた春雨は、心地よく大地に染みとおり、芝生の緑が生き生きとしてきた。
仕事の合間に見るしっとりと潤った雨の景色が、いい。仕事が無くて、ボーとした気持で眺められたら、もっといいかも。

今日は、シェフがお休みを頂いている日なので、ランチメニューに自家製パンのプレートをご用意しました。
お客様の反応が気に成りますが、美味しいパンなので購入したいと言う声を聞いて、かなり嬉しかったです。

雨は、一日だけでいい。明日、天気になぁ〜れ。
(さくらのベビーは、おねむの時間。かわいいなぁ〜。→)

母の日に 2009/5/10
何となく食べていただきたくて、新商品ですと私の手製の大福餅を出す。
母の日だから、お母さんをドライブに連れ出して花茶へ来たという男性はふたりのお母さんをお連れで、ほのぼのと気持ちが温かくなりました。(実は、年配のガールフレンドらしい)
ふふっ、そしたら大福餅のお返しにと、頂いちゃいました。お豆腐。(o^v^o)
彼は、豆腐屋さん。見覚えがあると思ってはいたけど、そうそう以前、ご挨拶の声をかけて下さった方でした。
地場産のダイズで製造しているというこだわりのお豆腐で、ダイズの甘みが生きた美味しいお豆腐、今夜は美味しく彼の顔を思い出しながら頂きました。(o^.^o)
今日は、母の日とあって、ご両親をお連れのご家族が目に付きました。いい感じ。♪
私も、子供達夫婦からもらったプレゼントをニンマリと眺めながらはっぴ〜になっています。
去年は、みなみという娘が我が家にいた母の日だったなぁ、と思い出す。
(苫小牧の”健康とうふ”です。美味しいよ。→)

春風にのって 2009/5/8
南風が、暖かく感じられる嬉しさ。♪
思えば南の国で桜が咲いたというニュースを聞いて、北海道に上陸する5月まで、”さくら、さくら”と呪文のように言葉に出し、開花するまでの期間を楽しんできたように思えます。
その桜も葉桜になりつつあるけど、あちこちの庭で色とりどりの花が咲き始めて綺麗。
花茶のいちご畑も、これから白いいちごの花が春風に誘われて咲き始めます。
初めていちご栽培をした時、”何て愛らしい花”と、思ったことか。その感動も薄れてきたけど、降り注ぐ日差しの中で見ると、やっぱり、白い花びらが可愛い。
花を見てひと月後には、いちごに成っているはず。
このまま順調に生育すれば、今年のいちご狩りのスタートはかなり早い時期になりそうです。

今朝、ポニーのさくらが子馬を出産していました。
見つけたときは、もう元気に4本足で歩いていましたよ。ママそっくりの、お洋服を着ています。
傍で、お兄ちゃんになった大ちゃんが、親離れしなきゃと強がっているように見えました。
(可憐に元気よく顔を出したいちごの白い花。→)

笑顔がいっぱいGW 2009/5/6
長かった黄金の休日も、今日でおわり。
みなさん、お疲れ様でーす。日頃の疲れを癒す休日のはずだけど、道路も行楽地も人、車で、いっぱい。ちょっと疲れましたね。
でも、最高のお天気に恵まれて、遊び天国の連休。
花茶も、賑わいました。ありがとうございます。\(^-^)/
今年は、何てたってポニーの坊やが、一番の人気者。毎日、「可愛いね」と、撫ぜ撫ぜしてもらって、「僕って愛されているぅ〜」と上ご機嫌だったようです。
子供は、どの子も可愛いです。
お天気に誘われて、花茶の庭ではピクニックも始まっていました。
もうセピア色になりかけた記憶の中に、私もこどもの日、お隣の子供も連れて花茶の山で遊山しながらおにぎりを頬張った事をぼんやりと思い出していました。
キャッチボールで遊ぶ親子や、楽しい姿と笑顔がいっぱいの花茶の庭。
”いい休日をありがとう。おつかれさま。”
(鯉のぼりも子供達も嬉しいGW。→)

お会い出来て、よかったぁ 2009/5/4
ふふっ、見つけちゃった。会ってしまったね。≧(´▽`)≦
黙って帰ろうなんて、ダメに決まっているでしょう。ちゃんと、神様が会わせてくれるんです。
たとえ目的が違っていても、はるばると遠くから車を走らす旅行の途中であっても、花茶があって私がいるのに、忙しそうだから黙って帰ろうなんて思った時点で大間違いでしたね。
嬉しかったよ。
そういう魂胆のあなたたちに偶然のように会わせてくれたのは神様かな。
祝日や休日は確かに忙しい私だけど、そう言う日で無いとお会いできないものね。
忙しい振りしているだけかも知れないから、ちゃんと声をかけてね。
(クリックすると大きな画像になります。→)

奮闘中 2009/5/3
アイスの製造に余裕をかましていた次男も、製造に追われるようになっています。
ゴールデンウィーク初体験の彼なので、数字が読み込めないのは無理の無い話しですが、ちょっと驚き慌てています。
「これからがスタート、いちごの季節になると、もっと、もっと大変よ」と、スタッフ達から脅し文句が。(笑)
新規のアルバイトスタッフは、覚悟が出来ていたのか、愚の音も吐かずに頑張っていますよ。やっと笑顔が出るようになりました。 温かく見守って下さるお客様に感謝しています。
例年、製造室からお客様を覗いていた私、今年は少しは余裕のゴールデンウィークかな。居場所が無くなっていない?なんて言わないでね。
風になびく鯉のぼりや芝生でくつろぐお客様を眺めて、あぁ〜やっと花茶の季節がきたなぁとニンマリしています。
遠くの山もぼんぼりのようなピンクの桜や白いこぶしの花が目にとまる様になりましたね。
花茶おじさんも農作業に忙しくなりました。
(クリックすると大きな画像になります。→)

追っかけマン 2009/5/2
穏やかなゴールデンウィークですねぇ。
花茶の開店時間と同時に見えるお客様は、朝一番の飛行機で観光旅行に見えた方々が多いです。
花茶の窓から見える畑の風景をコーヒーをすすりながらのんびりと楽しまれます。
畑の奥にひと際眩しく輝いているのがこぶしの木。
大きな木なのに、花をいっぱいつけて白い花が朝日に照らされてキラキラして見えますが、「これがあの歌にでる、こぶしの白い花ですか?」と、驚かれていました。
私たちは、この花の付き具合で今年の作を占うんですよ。(今年は、豊作かな)
花茶の庭では、ポニーの坊やが子供達と遊んでいます。
可愛い子犬たちも休日のお客様。ゴールデンウィーク中の可愛いお客様をホームページにupしようと花茶おばさんのカメラが出動しています。(笑)
忙しくて、全員を撮る事は出来ないと思うけど、精一杯追っかけマンをしてみようと思っています。
今日も、かわいいワンちゃんがいっぱいでした。
そして、久しぶりにお目にかかるお客様。可愛いお子さんの成長を見せていただいて、花茶おばさんはニンマリ。大きくなったね。
(クリックすると大きな画像になります。→)

桜、咲いた♪ 2009/5/1
どこよりも早く咲いていた、我が家の桜。
つい先日まで、春を忘れた寒さの中だったのに、よく咲いていたものです。
見渡せばあちこちに、こぶしの白い花が咲き、山野草も花を咲かせていました。
足元にはヨモギが。
今日はヨモギで大福もちを作ってみようとばかり、さっそく新芽の摘み取り。
花茶をオープンさせて以来、この時期にヨモギを見ても摘み取って調理する暇も無く、見て見ぬ振りをしてきた私。
今年から次男の参入のお蔭で、かなり身体的にも楽になった証ですね。
そんな事を考えながら、ヨモギ大福を作りました。
偶然にも「このお店が出来た頃、大学に通っていると言う息子さんがおられたけど、今どうしてますか?」と、尋ねて下さるお客様がいらっしゃいました。
厨房で忙しくしている息子を指差して答えると「よかったですねぇ」と微笑返し。
私やお店を心に留めていて下さっていたんですね。大感激。
(我が家の山桜と初挑戦のヨモギ大福→)