< 2016年3月〜4月分



作者綴り「2016年 3月〜4月分」


北国の春♪ 2016/4/28

歌を忘れていたカナリアのような私でさえ思わず口ぶさみたくなる”北国の春”。

肌に感じる風は冷たくはあるけど、小鳥たちやウグイスの鳴声を耳にしたり若草を目にすると心はピンク色に。
札幌は既に桜が咲いて華やかな装いに染まっているけど、花茶の庭の桜は、あと一歩の開花です。

窓から見える大木のこぶしの木。
今年は、花数が少なくて朝陽に輝いている様子が見えませんが、私は毎年儀式のごとくこぶしの木に触れたくなります。


たわわというくらい沢山の枝をつけて両手を広げて花を咲かせてきた古木で、幹の元には野生動物の穴倉のような穴も有るほどです。
私の腕を回して2回以上はあります。
その幹に両手を当てて温かさを感じると私の儀式は終わり。

嫁いで来た時から、ずーと存在感のあったこぶしの木に、今年の作物の占いを問いながら仰いできました。





「偲草」

先日、夫の釣り仲間から釣った魚を頂いた。
夫の釣り上げてきた魚の自慢話を聞きながら食べてきたけど、もう、そういう事も無く黙々と食べる。
スタッフ達は、夫を偲びながら食べたよと言ってくれた。

その釣り仲間の方から頂いた詩の本「偲草」は、昨年の記録らしい。
夫の釣りの様子が克明に書かれていた。

好きな冷酒をチビリチビリと飲みながら釣り糸を垂れていたらしい。
無関心だった私にも、やっと、夫がどれほど楽しんでいたかが冊子の中から読み取れた。

こんな風に夫を想い詠ってくれる釣り仲間がいて良かった、嬉しい。
亡くなる4日ほど前も釣り仲間と新年会をしただけに、友人たちに与えたショックは大きかったようです。

「波間に竿を流したので、きっと、今日は魚釣りをしているよ。」
その姿は、今は涙を誘うけど、きっと、竿を得て好きな酒を飲みながら喜んで釣っていると思う。
蕎麦物語り 2016/4/23

春の柔らかくて甘いニラをニラを使ったニラ蕎麦を、数日前よりメニューに加えています。
例年よりも随分と早い登板ですが、これも暖冬のお蔭ですね。

ニラ蕎麦?と初めて耳にする人は首を傾げて麺の中にニラを打ち込んでいるように思うようですが、それではニラの美味しさが味わえないですよね。
すごく、単純なのですが麺の上に採りたての湯がいたニラを載せていて蕎麦と一緒に召し上がっていただくものです。
今から20年くらい昔の事、夫が旅先で食べて美味しかったと言った事から始まりました。
夫の食べたものは、刻んだニラだったそうですが、私はダイナミックに、そして、話題性を図り、収穫したままの姿で蕎麦に載せました。

蕎麦をメニューに加えたのは、地元泉郷でも蕎麦が収獲されていた事で、当時は”いずみファーム”の岩本治子さんに蕎麦を提供して頂いていました。
(現在は幌加内産石臼挽きをシェフが打っています。)
一日限定数が決まっていましたが、予想外の大ヒット商品で蕎麦の有る日は行列が出来たほど。
「あれっ、ここはアイスクリーム屋さんだったのか」という声も聞こえたほどでアイスクリームの販売と蕎麦とで目の回る忙しさ。(笑)
今思い出せば、懐かしさがこみ上げてきます。
昼休みに毎日走ってくるオジサンもいたし、蕎麦談義で燃えるオジサンもで、本当に思わぬ反響を楽しんだものです。
蕎麦道場もしました。KHKの「男のための蕎麦道場」の講師をされている方も見えて、蕎麦道場を開いてくださったことも懐かしい思い出になっています。

私は、門前の小僧よろしく蕎麦打ちを覚えてしまい、その後はアイスクリームと蕎麦打ちと...、今思えばよく働いていたわ。
写真は、15年ほど前の蕎麦道場の様子で講師は恵庭在住の方でした。
今も、当時から変わらず当店の蕎麦愛好者が見えて下さっています。
シェフも若くて随分とスマートだこと。(笑)

追伸
この時期でしか食べられないニラ蕎麦を、是非どうぞ。
学びあう支え 2016/4/15

”春陽射し 
   差し込むホール ワルツ舞う”

私の所属するダンスサークルの最高齢者は、何と御年91歳のK氏。
その彼の詩です。

若かりし頃よりダンスを趣味とされていたと伺っている。
いつも、キチンとお洒落なネクタイを締めて紳士の姿勢を崩さない。
「習うからには、キチンと習いたいし上手になりたい。」と、今日も前向きな姿勢でレッスンをされていた。
「ダンスで健康に過ごせるだけでも良いでしょう。」と、言う私に、「いや、習うからには上手になりたい。」と、答えが返ってくる。

楽しいから踊るというレッスンをしているのでなく、楽しみや喜びを得る為にキビシイ練習を重ねるというサークルなので、結構キツイと思う事もあるのに91歳の気骨は凄い。
幾つになっても学ぶという姿勢を崩さないし、歳だからという諦めも無い。
久しぶりにK氏にお会いして、学び、生きる姿勢に圧倒された。

「私は、2020年、オリンピックの年に読売書法展で、特選を取る事が、当面の目標なの。」
時を同じくして、70歳近いメル友からの頑張ろうメールが届いた。
まだ心の底から楽しんだり喜んだり出来ないでいる私だけど、周りにいる人たちのお蔭で霧が晴れていく気がした。
ふるさと 2016/4/8

「わたしは、誰だ?」
自称64歳の父に、問うてみた。
「久恵よ。」「久恵しか、おらん(いない)。」と、母の名を言う。
「娘でしょう。美恵だよ。」と言うと「おみえさんか..。歳とったねェ。」と言った。
まったく!!
認知症が進んでいるとは言え、まだ表情が豊かな父との一問一答の会話が出来たことにひと安心した。
父とは対照的に、あんなに活発に会話が出来ていた母は、わずか2月の間に無表情になり会話も無く人が変わったように老いていた。
病状や認知症には、色んな形が有ると聞いているけど父とは違う母の症状に寂しさを感じる気持ちを隠せない私。
何も感じてないのだと思っていたけど、帰り際に「又、直ぐに来てね。」と、まっすぐに見つめて言う。
2月前は、まだ元気だからお金を使って来なくてもいいと言っていたのに。

高知は桜や梨の花が満開。
私の実家のある針木は昔から梨の産地で、この時期は梨の受粉作業の真っ最中だった。
軽トラいっぱいに今花盛りの梨の枝を運んでいたのでどうするのだろうと聞いてみたら、花粉を採るのだと言う。
白い花びらをひとつ、ひとつ摘み取って、脱穀機(?)のようなもので赤い花粉のみ採取していた。
その赤い花粉から黄色の花粉を取り出して、梨の花びらに筆で受粉していくのだという。
手間暇かけた作業にビックリした。

「雨も必要ながよ。百姓は雨が降らないと身体を休める時が無いがやき。」
散歩していたら梨畑から聞こえてきた作業している人の声。
雨が多くて受粉作業が進まなく困っていたはずなのに、ポジティブな姿勢だなぁとつい笑みを浮かべながら通り過ぎる。
(写真の上は、梨の花。下は満開の桜)

子供の頃、山桜やつつじ、つばきなどのお花が咲くころ、よく遊山をして楽しんだ。
あちこちでお花見もしていたけど、のどかな風景を眺めながら友人と遊山ができた。
日焼けも良いかなと思うくらいの暑い日差しの日だったけど、私を癒してくれる故郷の風景。
やさしく包んでくれる家族や友や故郷。帰ってきて良かったと思った。

みんなお世話になりました。元気になれた気がします。
4月のスタート 2016/4/1

今日から4月。そしてハッピーエイプリルフール♪の朝、私は、早々に騙された。
今日は、楽しみに待っていたお客さまをお迎えする。
一昨年、我が家でファームステイをした修徳中学生のひとりが、苫小牧にある駒大高等学校へ合格して花茶へ立ち寄って下さる日でした。
またまた、大きく成長した息子さんは野球が、大好きで駒大でも野球部に入部の予定とか。
独り息子と離れるご両親の寂しさのお顔とは反対に息子さんの笑みを含んだ希望に満ちたお顔が、4月だなぁとつくづく思った。

彼が、駒大を選んだ理由の中に我が家での宿泊体験が影響した部分も有って、北海道大好きになったらしい。
ご両親も、北海道ファンのように見えたけど、嬉しさと寂しさが交差する気持ちの中は、きっと複雑だろう。

観光審議会の中で、素人である農家が民泊を受け入れている事に、本当に安心、安全が確保されるのかという疑問を投げかけられた。
保健所とかの審査の元、簡易宿泊の許可を一応得ているが、農作業の安全性や宿泊時の事故や災害、食の安全性などホテルや旅館営業の方から見ると不安でしょうがないと見るのは当然かもしれない。
教育の面で見ると非日常の異体験の影響は、大きいと思う。
現に、手厚く接待している訳でないのに心に響くものがあったらしく、その後も訪ねて見える子供たちやその家族が多い。
農業でしか言えないけど、ビルを眺めて暮らしていた都会の子供たちにとって、土や風や緑の草花、実のなる作物に触れて体を動かしたり食する事は、生きていることを体感する機会だったと思う。
人生の一コマに農の力が役に立っていることを信じてたい。


さて、我が家の孫たち、今日も花茶へ出勤。
土や虫に触る事をゼッタイ!ムリ!と豪語していた都会育ちの孫息子であったけど、朝から土いじりして種まきを手伝っていた。
そして一日、お日様と遊ぶ春休み。
桃子ちゃんは、絶好の遊び相手とみなされてお気の毒。
孫からのプレゼント 2016/3/31

今日で3月も終わり。
春休みに入り、店内も朝から子供たちの声が響く。
ご家族のにこやかなお食事の様子を眺めるのは、嬉しいものです。
窓から眺める景色もこの時期に珍しく雪の全くない風景になっているし、白鳥たちもシベリアへ帰ってしまったようだ。

仕事を終えて、ホッとしている時に孫から渡されたプレゼント。
母の日でも敬老の日でも、まして私の誕生日でもない。
どうしてプレゼントを?と聞くと
「みいちゃん、おじいちゃんが死んで寂しいから春と杏子ちゃんとで買ったの。」と、言う。
小学2年生、もうすぐ3年生の孫たちがこんな気遣いをしてくれるなんて、嬉しい、幸せに思う。
じいちゃんも、喜んでいるね。ありがとう♪
春よ来い 2016/3/27

「今晩のおかずは、なぁに?」
台所に立つ私の背後から、孫の声がした。
それに応える事も出来ず、心が揺さぶられている。
こんな普通の声も何日ぶりだろう...。
こんな言葉が、普通に幸せな家庭の会話だったんだと思う。
泊まりに来る回数が多くなった孫との時間の中で、当たり前の生活の幸せを再認識することが多くなった。

花茶も段々と忙しい時間へ向かい始めた。
お天気に左右されることは多いとしても、春へと急ぐ気持ちはお客さまも同じようで、何もないけど庭へ出ている人たちを目にする。
早く、1輪でも咲く花が有れば良いのにと思っていると髭さんが福寿草の写真を撮って来た。
山菜も今はフキノトウが食べ頃。
このあと、続々と山菜三昧で寒い、寒いと思いながらも確実に春。
桜前線の便りも賑やかになり、あとひと月後の花見ですね。
あっ、お客さま、イチゴ狩りはまだですよ。早くもお問い合わせがチラチラと。(笑)
マンマの会の総会 2016/3/24

夫の49日も終えて、春のお彼岸も過ぎた。
なごり雪が時々舞ったり、まだ春と呼ぶには早すぎる気もしたが、気持ちは春へ春へと走ります。

北海道女性農業者倶楽部(マンマのネットワーク)の総会も先日無事に終了して、ひとつホッとしています。
女性の活躍を応援してくれる時代になってとはいえ、この歴史には長い年月が掛かっているなぁと朝のドラマ「あさがきた」を見ながら思った。
自分の気持ちを言える女性、誇りを持つ女性にこれからの女性はなるようにと、ドラマでも言っているのを聞いて、こんな時代からの声なのに未だ出来てない女性も多く、認めない社会構造も有るように思う。

で、マンマの会の仲間たちは、余りにも個々の個性のある集団なので応援下さっている顧問の先生方は”オモシロイ人たち”とか”楽しい人たちで愉しめる会”だと評価して下さっていた。
其々が農業というホームを持ちながらも事業を起こしたり公務的仕事も携わっているような活発な仲間なので黙っているような人はいなく、総会も盛り上がったし役員会も中々のものです。(笑)


今年は10周年で一年を通しての事業が10周年記念事業。
写真は、シンガポール北海道事務所開設のレセプションに参加した柴田さんの報告模様です。
北海道で只一人の女性農業者の参加でした。
マンマの会に入ったころ、メソメソとしていた彼女でしたが、一番の成長株だとみんなで祝福した。
ホワイトデー 2016/3/15

早朝の花茶で、「ねーさん、はい。」と白い小さな袋を手渡された。
何?と思う私にあっ君からのホワイトデーのプレゼントだと言う。
突然、世間の動きというのか現実の暦を知らしめられた衝撃に似たものを感じた。
バレンタインも雛祭りも私の暦からはすっかり忘れ去られて、「あっ!そうだったんだ。」と、思う時間の流れの中で過していた。
もちろん、あっ君にプレゼントをした訳でも無い。
10歳前後の少年が、私を気遣って喜ぶ事をしてくれているというその気持ちに心が打たれた。
「タツオさんのピザでなく、ねーさんの作ったものを食べて美味しいと言う事が、ねーさんが一番喜ぶんだよね。」
いつの間にか大人になっているあっ君。
プレゼントのお菓子はとっても嬉しかったけど、あっ君の気持ちが、もっと、もっと嬉しいプレゼントだったよ。
君の喜ぶ笑顔で、お迎えするね。
春の足音を微かに感じながら 2016/3/12

花茶の周りの積雪も数センチになり所々色褪せた芝生が顔を出してきた。
気まぐれに春の雪が降ったりはするけれど、時々おやっと春の足音を感じて嬉しくなります。
花茶の営業にも慣れてきて、お客さまの動きも感じられるようになりました。
「オープンしてくれてありがとう。」と、嬉しいお言葉を下さる常連さん。
「ありがとう。」と、言葉を掛けるのは当方なのにと改めて嬉しくなります。

夫の居ない生活にも略慣れてきました。
はや、来週は四十九日を迎えます。
気持の整理がついたように思っていても全然ついていない自分に気づきます。
体調不良を私に悟られないようにと身構えていた夫に気付いてやれなかった事も悔やまれてなりません。
誰もが悔いがあったり後悔があったりはすると言うけれど、その気持ちを整理するまでにはどれくらい時間が掛かるのでしょうかね。
しばらくはこの重荷も背負いながらも楽しかった日々も忘れないで支えにしていこうと思っています。
春へと向かうこの季節、あれもこれもと農作業の始まりに焦っていた様子が、あちこちに浮かんできます。
相棒のように一緒に仕事をしていた髭さんの後ろ姿がやけに寂しくて切ない。

もう1週間くらい前のこと蝦夷リスさんから朝の挨拶を受けました。
こんな近くまで遊びに来てくれていたのね。
もっと、もっとお仲間を連れて来てほしいな。
優秀賞「ケータリング美利香」 2016/3/4

先日、北海道知事から知事賞を頂きました。♪
「女性・高齢者チャレンジ」活動に美利香が優秀賞に耀きました。
(家族やスタッフは、”高齢者”の部分に反応を示すのですが...)
記録をたどってみたら、すでに12年目の結成でこんなに長く活動を続けていたのかと驚いています。

私たちは、種を撒くところからお皿にお料理が並ぶところまで全てを手掛けているという自信と誇りを持っています。
その季節、季節のお野菜や魚貝を使いこなす農家のお母さんとしての利き技を持ち合わせていると自負しながら、お客さまの意向も合わせて準備と調理をしてきました。
だから、どこでも有るような似通ったお料理を出すのでなく、その個の野菜の美味しさを引き出した調理をするおふくろの味が多いです。
そして、私たちのクオリティを上げているのは、農業のそのものの使命や本質に有ると思っています。

メンバーの数が7名と言う事で結束もしやすく、もちろん農や食に強い関心と意識をもっている仲間なので何かにつけて動きやすいというのが長く続いている理由かもしれない。
加えて、私たちの活動を支援してくださる諸団体が多い事も、最強のものですね。

この日、私は知事感謝状も頂きました。
指導農業士としての活動に対してですが、担い手育成に尽力をしているとは全く思えない私です。

先日、拓殖大での卒業論文?で、花茶が刺激になったと発表された男性学生がいたという話を伺って、とってもビックリと嬉しさを感じました。
こんな私でも「花茶」を立ち上げたことで多くの女性を始め、将来への夢を持っている人たちに刺激になり、一歩踏み出す勇気を与えることが出来たと思うと嬉しいです。

朝、一番に新聞を読んで「新聞に出ているぞ!」と紙面を私に指していた夫。
今日は、私が夫に紙面を見せ、感謝状を供えました。