作者綴り「2018年 9月〜10月分」/font>


じゃが芋料理 2018/10/28

随分と昔に、じゃが芋にこだわった料理を作って欲しいと頼まれたことが有った。
その時、色んな種類のじゃが芋を展示して楽しんだ。

そんな事を時折思い出す事も有ったけど、再び、同じ羽田の玉ちゃんにじゃが芋料理をして欲しいと頼まれた。
彼、珍しいくらいじゃが芋大好き人間。

恐らく、私に依頼するよりもご自分の方が、いっぱいじゃが芋料理をされているし、じゃが芋について物凄く詳しい。
頭脳の中身は、じゃが芋辞典と言っても過言では無い方。
時々、そんな人が何故私に頼むのだ?と思うのだけど、彼の熱意にその気になって受けてしまう。
私、それ程どころでなく全くと言うほどじゃが芋知識は無い。
いいのですか?と、思う。

夏の頃から、試作用のじゃが芋が届く。
初めてみる知る長崎農業試験場で開発された”ながさき黄金”や道内の生産者からも”いんかのめざめ”や”ハロームーン(北育22号)”等など、玉ちゃんご用達の生産者や試験場からからじゃが芋が届いた。

リクエストのじゃが芋で作る”おやき”の試作や花茶の得意とするポテト麺など作り始めたら面白い。
だって、じゃが芋味もさることながらカラフルな色も楽しめる料理が出来る。

昨日は、じゃが芋白玉を作ってみたら、余りにも色がキレイなので、ついでにポテトチップスもカラフルに作ってみた。
じゃが芋白玉は、甘党のデザートに使うつもり。(写真下段)
使用したじゃが芋は、黄色が”ながさき黄金”、紫色は”西海31号”、白色”男爵”

3色のじゃが芋ケーキ(写真上段)は以前作ったもので、リクエストをもらったので。
レシピを無くしたので、思い出して作るのに苦労をした。
”ノーザンルビー””シャドークィーン””いんかのめざめ”でグラデーションにしたケーキ。
お味も中々、よろしかったです。

苦しみと楽しみの同時進行形で試作料理に取り掛かっています。
もしかして”パワースポット” 2018/10/25

朝晩が、すっかり寒くなって山の紅葉も紅く鮮やか。
お天気の良い日は、沢山のお客さまをお迎え出来る幸せを感じています。
”小春日和”と感じる日中は、ほんわかと良い気持ちに浸れますね。

「ホント、ここはパワースポットだわ。」と、言ってくださるお客さまの声が、とっても嬉しかった。
老齢になったというワンちゃんも、「自宅では歩けないのに、花茶の庭では歩けるの。」と飼い主は、嬉しそう。
もしかして、本当にパワースポットなのかも知れません。
だったら、いいな♪


あっちもこっちも、可愛い。

「うちの犬が、一番かわいい!」は、お客さまの名セリフだわ。

犬を飼ってない私には、どの子も一番で目の保養になっています。
そして何より、可愛くてしょうがないとその子を見つめている飼い主のお顔が良いのです。
皆、俗世の疲れをこの子達に癒されているんですね。

夏の頃と少し異なった花茶の日々。
緩やかな時間が流れているような気がします。



花畑もすっかり枯れ果てた残骸が残っているだけですが、キンギョソウが寒さに負けず咲いていました。
秋の夕暮れの日差しをいっぱい浴びて咲いていました。
何かいじらしく思えてなりません。
International Ice Cream Day 2018/10/17

ロビンさんが、見えた。
「今日は、アイスクリームの日だから何処にいても僕は、この日必ずアイスクリームを食べます。」と、笑顔で話してくれた。

10月17日にアイスクリームを食べることで、この特別な日に参加できると言う。

以前、ロビンさんの著書でアイスクリームの絵本を読んだことが有った。

アフリカのサンビア共和国にある養護学校では200人の子供たちが、助け合いながら学び育っていると言う。
灼熱の太陽が照り付ける毎日、アイスクリームを食べたことが無い子供たちが多くいるという。
その子供たちにアイスクリームを食べさせてあげたくてロビンさんは、子供たちプレゼントをしたそうです。
冷たくて甘い食べ物に子供たちは不思議がり大喜びの笑顔になった。
その日を記念して”国際アイスクリームの日”とし、毎年この養護学校(セントムルンバ養護学校)にアイスクリームが配られるように支援しているそうです。

この日、皆さんもご一緒にアイスクリームを食べてください。
出来るなら、あなたの大切な人にアイスクリームをプレゼントして一緒に食べてください。
遠いアフリカの国でも、同時にオイシイアイスクリームを食べながら笑顔になる子供たちがいると想像したら幸せになりませんか?
ロビンさんの想いは、「世界中の子供たちが安心してアイスクリームを食べられますように。」とこの日の輪が広がる事だそうです。

素敵なお話を伺いました。
千客万来 2018/10/12

先日の早朝、ポニーが脱走した!と気配を感じたのか、次男が駆け出して出て行った。
いや、家のポニたちは大人しくいたのだけど、何と3頭ものポニーが花茶の庭で遊んでいた。
多分、ひと山後ろのお宅のポニーと思われるのだけど、早朝にも関わらず飼い主は既にお仕事に出ているらしい。
仕方なく我が家のポニーたちと同居させようとしたけど、中々手ごわくて柵の中に入ってくれなかった。

一日、このポニーはどうやって来たのだろう?まさか捨てポニー?とか憶測が飛び交う。
Facebookにアップしたら、迷子猫、迷子犬、今度はポニー(笑)と盛り上がったけど、世話をしている次男にしたらこれは笑い事でもなかった。

そして、その日は、花茶へはインターンシップで2名ほど研修生が見えていた。
この数日は、台湾、韓国、研修生と賑やか。
加えてポニーも視察に見えたのか。(笑)
我が家のポニーたちと、住みよい暮らし方について話合いをしているのかも。
飼い主は、花茶の騒動も気にしたようでも無く夕方遅くロープを持って引き取りに見えましたとさ。

5日の台湾からの視察に続き、11日は、韓国から。
同じく農場女子の面々です。
男性の視察とは違って、細かな質問が多い。
でも、一生懸命になって農業の先を見つめている様子が伺えた。
女性の地位も、随分と確立されているようで、夫よりも私たちの方が強い!と、ハッキリと言っていましたよ。

韓流ドラマから連想する人たちだったけど、外国人がサムライの日本人を想像するのと同じで、何ら今の私たちと変わりが無いし、油断していたら日本人は農業に対する意志力に負けてしまうかもしれません。

先日の台湾の女性から、嬉しいことに連絡が入り合うようになりました。
日本語が、良くわかる方、かなりの学業を積んでこられた方のようです。
「農業上では、様々な問題が有り、政府のやり方は遅い。私たちは、待ってられない進んでいます。」と、メールがきました。
一歩でも時代の先を歩もうとしている強い気持ちの彼女たちに、花茶物語が刺激的だったようです。
私も、辛いとき
「時代の先を行く人には、荒風がいっぱいだけど、誰もやってないことを成し遂げた時の感動は、誰も味わえないものだから頑張りなさい。」と、そっと支えてくれるお客さまがいました。
法律も時代も、ひたむきに頑張り努力を重ねていると自分の味方に付いてくれると実感してきた私。
台湾も韓国の農業女子たちにも、思い通りの農業が営まれる時代が、きっと、来ると思う。
台湾からようこそ”謝謝” 2018/10/6

JICAの研修でアフリカ方面からの研修に見える事は、多いのですが、珍しく台湾から見えました。
今回はJICAの研修ではなく、HAL農業賞を受賞した処を視察したいという要望で見えたと伺っています。

台湾で、有機栽培を主にして農業をされている方々で若い人たち、女性も多く参加されていました。

何時ものように私の花茶物語を語りましたが、文化や言葉の違いで私の話が伝わるだろうかと不安はいっぱい。
ガッカリさっれてお帰りになられるのでは私もキツイ気持ちになります。

でも近隣のお国ということで、それほどの違和感がなく通じ合う農家の暮らしや想いがありました。
農家経営の質問も有りましたが、主に農家の女性としての生き方みたいな質問や感想が多かった気がします。

やっぱり親との兼ね合いが上手くいかないとか、女性であるがゆえに有機栽培の取り組みにお国が許可しないという日本では考えられない難題もありました。

私が、花茶を起ち上げるまでに行政とのキツイ関係があったけどクリアするまで諦めなかった話。
家族間で理解し、協力体制に持っていくまでの夫婦の格闘劇まで、少し面白く語れたのも同じ悩みを持つ若手の人たちが目の前にいたからです。

皆さん、全ての事が簡単でなく努力の後で付いてくるものだと納得されたようで、元気が出た頑張る!と笑顔で言ってくれました。
親子の関係で悩んでいた方も、「貴女だけでないよ、みんな親が居るのよ。そして、順番に貴女の時代もやってくるから頑張ってね。」と、声を掛けたら笑顔で頷いて応えてくれました。


流石に農家の人たちで話が終わるとみんな農場の方へ。
秋に入り、殆どの農作物は収穫を済ませて来年向けての準備に入っている畑でしたが、満開のひまわりを喜んでくれました。
これは緑肥ですねと判っておられました。

記念写真撮影は、もう大変(笑)
皆さんといっぱい写真を撮りました。
こんなにモテた事ないくらい。アイドルってこんな感じって思ったわ。(笑)
農業女性、農家の嫁、自立した生き方を望む女性としての想いが彼らに伝わり、刺激になったのかなぁ。
嬉しい反響でした。

本気を出して農業に暮らし方に取り組んでおられる人たちの姿は感動を頂きます。
台湾の若い農業者。素晴らしい人たちにお会いできて、私も感動を頂きました。
花茶の空 青く高く 2018/10/1

台風24号の接近の予報には、前回の教訓もあって、かなり慎重な気持ちで台風の動向を見守っていた。
天気予報程の事なく、台風は通過。
もう、倒れるものも無いからと言ってはいましたが、災害無しでは去ってくれないのが台風です。
大変な被害を受けた地方もあって、その大変さを経験済みなだけに、心からお見舞い申し上げます。

この数年は、災害に見舞われると半端でない被害が出ているように思います。
この先の地球はどうなるのかなぁと、ふと自然災害とはいえ人災も有ると思えてなりませんね。

先日の台風前の秋空は、本当に空高く、澄みきった秋空でした。
自然は、こんなにも美しい景色を感じさせてくれるものだと思う反面、自然程恐ろしいものは無いと、自然の持つ力は人間の力では、意識では動かせないものだと眺めていました。

こんな秋晴れの日は、沢山のお客さまをお迎えして嬉しい花茶です。
楽しく、美味しく体に善し薬膳 2018/9/26

この春早々に頂いたHAL農業賞(^^♪
嬉しいことにお祝い金まで頂いていました。
そのお金をどのように使うべきかと考えていた時に、兼ねてから学びたかった”薬膳料理”そうだ!これに使おうと決めた。
薬膳を花茶のメニューの中に加えることで、お客さまの体に喜んで頂けるお料理を提供したいと思う。

幸いにも友人の伝手で通信教育を避けて、直接学べる先生を見つけられる事が出来ましたが、夏場の忙しい時期は欠席して先日2回目の教室に行けました。

自然界と同じ現象が人の体の中でも起こっていると言うことを陰陽説を使って学ぶのですが、5行の相性、相剋だの5臓のはたら等覚えなければいけないモノが多い。
簡単に老化のオツムにすっとは入ってこないけど、自分の体の体質を見直すことからそれがどのように影響しているかが見えてきた。

薬膳は特別なもの、ムツカシイと思い込んでいたけど、自分の体と向き合い、体のトラブル原因を改善する食材、質の良い調味料を使い調理する事なのだと思った。
簡単に言えば、そういうこと。

薬膳教室では、講義の他に調理もあって、いつも厨房で作っていても、あっ!と気付かされる調理法があったりする。

以前に薬膳料理という店で食べた時に、普通の食材であることに驚いたけど、実際、特別な食材(クコの実とかキンシン菜とか)を使うのはホンの少し。
今回強く感じたのは、いかに季節の食材がその時の人の体に必要とされ為になっているかと言う事。

舌の状態や体の状態をチェックした。
夏の疲れとこの度の台風や地震で私の体は、前回のチェックした時よりもかなりのストレスを感じていた。
調理では、そのトラブルを改善する食材を使う。(ちなみに、私の場合は、根菜と黒色の食材)

調理が終わると楽しい食器選びと盛り付け。
元レストランを経営されていた先生は沢山の素敵な食器があって、自由に選べる。
まだまだ修行の足りない私は、ひとめ惚れの食器を無造作に選んでしまった。
でも、先生は違う。
全体のバランスが、整ってスッキリと美味しそうにお料理が並んだ。
(写真上段は、先生。下段は私。って言わなくても一目瞭然ですね。)

食器選び、盛り付け、テーブルのコーディネーター、そして呼吸の仕方等まで学習。
まだ薬膳については深く語れませんが、ゆっくり時間を掛けて学び、少しずつ花茶の料理に反映していきます。
お客さまの症状に合わせたメニューの提案が出来るように、又、季節の食材で薬膳料理が作れるように努力していきたい。
ファームステイ 2018/9/19

今朝、早々に若いカップルさんが、10年前に我が家で2泊3日の農業体験のファームステイをしたと言って見えた。
10年の歳月は、遠すぎて直ぐには思い出せなかったけど、あどけない可愛い中学生を微かに思いだすことができた。

北海道観光に見えて、花茶へ立ち寄ってくださったと言う。。
しかも、貴重な1泊2日の旅行の時間帯の中で!



当時の記憶を辿ろうと10年前のブログを読み直す。

中学生を迎えて、果たしてこの子達は、本当に農業体験をしたいのだろうかと疑問に思う私の気持ちと反対に屈託のなく楽しんでいる様子を記していた。

”大人の考える老婆心をはるかに超えて、子供は子供の世界を生きていると感じました。”と書いてあった。

食べ物や農作業、そして魚釣りも愉しかったとか10年たっても小栗家や花茶が彼の心の中で生かされてきた事が嬉しい。

農家民泊の意義や活動の成果を求めて来た訳でないけど、果たして子供たちは本当に喜んでくれているだろうかと思い続けて来た。
折角の修学旅行などが、観光に充てられるのでなく農作業では...と。
そしてホテルでなく、他人の家ではさぞかし窮屈なことだろうと。

この体験を機会に北海道を好きになって進学校を北海道に選んでくれた子もいた。
ご家族で、北海道観光の折に見えた方も何人も居たけど、私自身の農家民泊への納得のいく答えは出てなかった。

今日が24歳の誕生日です♪と言って当時のままの笑顔を見せてくれた青年。
少しずつ私の中で答えが出始めてきた。
今夜は、富良野でしたね。
10年前とは又、違った感覚できっと旅を楽しんでいる事だろう。気を付けてね。
※今日の記念写真と10年前の彼
明治時代から受け継いで〜泉郷獅子舞 2018/9/17

昨日、今日とは泉郷の秋祭り♪
素晴らしいお天気に恵まれてお祭り日和した。

千歳市の民族芸能無形文化財の第一号に指定されている泉郷獅子舞は、110年以上続く伝統芸能です。

明治30年代に富山県から開拓に入った人たちが、五穀豊穣、無事息災、家内安全を祈願して舞を始めたと聞いています。

神社で獅子舞を奉納することで、きっと村づくりの役割を背負ってきたと思うし、その舞が延々と110年以上の歳月を経て今も受け継がれていることを地元の者として誇りに思っています。

今年は、孫のゆりも太鼓(剣淵太鼓)と獅子舞の踊りに参加しました。
練習は、村の大人が子供たちに指導します。
こうやって村の子供たちを見守り育てる姿勢が、泉郷には有ります。

家の子供たちも物心が付き始めたころから、ぴ〜ひょろろ、ぴ〜ひょろろと祭りが近づいてくると良く踊っていた。
門前の小僧よろしく自然と踊りが身に付き、そしてそれを守って次世代へ繋いでいこうという姿勢も無理なく受け継がれている。

昨日(16日)、神社で奉納の舞をした後、泉郷全戸を回り獅子舞を踊ることから始まります。

花茶へ来たときは既に4時をはるかに過ぎていたけど、疲れた様子も見せずゆりが見事に踊って見せてくれた。
いつもの天狗の舞も披露して下さり、花茶に集まったギャラリーたちは大喜びでした。

今日は、泉郷神社で本祭りでしたが、余震の不安や災害の後なので自粛になりお客さまをお迎えすることは中止でした。
秋空の下での舞は素晴らしかったようです。
初参加だったゆりもかなり得意げで泉郷の子供に成りきっています。

花茶は昨日は制限のあるメニューで、今日は、お食事の提供無し、お客さまに申し訳なかったのですが、祭りが優先になりました。
それでも、沢山のお客さまが来て下さり庭でピクニックされているご家族等、何時もと変わらぬ風景が広がっていました。
秋の爽やかなお天気が、花茶に微笑んでくれた気がしました。
秋日和 良い風を感じて 2018/9/15

震災の影響で、北海道への旅行客は驚くほど少なくなってしまいました。
昨日、毎年名古屋からお見えになるお客さまが、「何ともないじゃないの!全然、大丈夫じゃない!」と、何度も繰り返しおっしゃっていました。

ニュース等で酷い災害地を見てきたので、それが北海道の全ての風景と思えたらしいです。
北海道旅行をキャンセルした友人たちに、「全然大丈夫だよ!」と電話されたとか。

本当は、ゴルフをしたくて今年も見えたそうですが、このような時にゴルフはヒンシュクもの、被害者に申し訳なくて肩身の狭い思いをされたとか。
私は、「そんな事ないです。堂々と遊びに来て下さい。有難いです。
普段通りの生活をして、観光地にお金を落として下さらないと北海道は、益々不景気になりますから。来て下さって感謝しています。」
と、お話しました。

花茶へも沢山の観光客が来て下さっていましたが、こういう災害が起こるとパタッと足が止まります。
あちこち、観光地はキャンセルが多くて困っている様子です。
どうしたらよいでしょうね。
観光で生きるつもりだったら、こういう時の危機管理も必要です。
観光地の素敵な風景や食べ物だけでなく、災害に備えて、こういう取り組みをしているというモノを表示して、安心と安全を訴える必要があるなぁとつくづく思いました。

今日の花茶。
やっと、お客さまの暮らしも落ち着いてきた感じで、ご家族が多かったです。
中には、避難所生活のストレスから癒されたいとお見えの方もいらっしゃいました。

秋の気持ち良い日差しと風は、きっと多くのお客さまを癒すことが出来たと思えました。

高倉健が、言っていました。
「どこかで・・・いい風に吹かれたいと思う。きつい風にばかり吹かれていると人に優しく成れないから。」

震災だけでなく心が体が、疲れた人たちにとって、花茶が心地よい場所、良い風になることが出来たら、とっても嬉しいです。

※16日、午後4時前後の時間帯に千歳市の無形文化財である泉郷獅子舞を花茶にて観覧できます。是非、お越しくださいね。
元気を、取り戻していつもの花茶へ 2018/9/12

暫く、わがまま営業をさせて頂いていた花茶ですが、本日よりいつもの営業体制に戻りました。

アイスクリームは、全てのフレーバーをご用意できていませんが、ショーケースに並べられるようになりました。
元々、アイス業としてオープンした花茶なので産みの親である私は、並んだアイスクリームを見てなんとも言えない安堵というのか我が子を見るように心から嬉しい。

何時ものようにアイスクリームを食べて下さっているお客さまの姿は、嬉しい。

外で遊ぶ親子や、枝豆の実を外している光景は以前の、のどかな花茶です。
ゴルフ帰りのお父さんたちも、これこれと言ってお立ち寄り。
今夜のビールは、旨い!ね。

全国から沢山のお見舞いのお電話やメール、お手紙を頂いて、本当に有難く思っております。
全員無事に元気です!

息子たちは、近くの安平町にあるこども園の支援活動に参加しています。
ここは、いち早く子供たちを預かってケア等されているらしい。
そして、親御さんたちも集まって食事をしている様子でした。

カレーやピッツァしか今のところ運んでいませんが、「花茶のピッツァが来る。」と、喜んでいると聞くと嬉しくなります。
施設は、とっても綺麗で明るく、子供たちが元気に走り回っていました。
支援活動の人たちの明るい笑顔も、一番必要な支援です。

大した支援をしてない花茶ですが、高知に住む私の友人たちから多額のお見舞いが、届きました。

私が20歳の頃、乗船した”高知青年の船”の有志の方々からで、びっくり!!
既に50年近い歳月が過ぎているのに、北海道に住む私に心を寄せて下さっている事を、有難く、もの凄く有難く幸せに思います。

息子たちと話し合って、お金の使い方を慎重に考えますが、災害地への支援活動に使わせて頂くつもりです。
又、花茶の近隣の農家さんから”支援活動に使ってね。”と、沢山の玉ねぎも頂いています。

おにぎりやカップ食品に飽いている様子だし、未だ水が使えない地域もあって不自由されているとの事。
家族揃って我が家で味噌汁を啜れる普通の暮らし、気兼ねなく暴れることも大きな声を出すことも出来る、些細な事が一番の幸せだった生活へ戻れる日が、早く来ますように。
心折れた1週間だったけど 2018/9/9

これが始まりだった。
一晩中、唸るような風の声を聞き、家の揺れも何かが倒れるような音も、来てる、来てる台風の声だ!と思いながら朝が来るのを待った日。

それが、何時の事だった?と、カレンダーを見る。
4日夜からから5日の未明の時間帯だった?
その日の夜、この作者綴りを書いていたのにプツンと電気があっけなく切れた。
台風の夜から停電になり日中も停電のまま、お店の営業も出来なかったが、まさかのその夜の停電から始まり地震(6日午前3時過ぎ)による停電へと続くとは...。

台風一過のあと、明るくなって目にした景色の異変に驚いた。

庭の木も折れているし散乱した葉っぱや木切れ。
ポニーも大脱走していた。
入り口の看板もテラスの屋根も姿無し。
店の前の国道337は、通行止めで泉郷は陸の孤島。
停電と通行止めでは休業しかない。
後に入った情報では、随分と営業を取りやめた店が多かったらしい。

気を取り直して、明日から頑張ろうと思ったのに、6日未明に起きた地震。
怖かった。半端な揺れでなく長くも感じた。
震度6強。震源地は、近いと思ったけど身支度して逃げるとか無理でベットにしがみついて身動きが出来なかった。

余震とも思う揺れは、明るくなっても続き、夕べもかなり揺れたから、いつまで続くのだろうか。
モチロン停電では情報が伝わってこない。
震源地がどこなのか、他県から届くお見舞いの電話でただ事のない状況になっている事だけが、ぼんやりと判るだけ。

恐怖心は、ずーと続いて何もする気力もなく、又、何をすべきかも判らなかった。
震源地傍に住むスタッフ家族を我が家に避難させて、僅かな明かりで暮らした。
幸いソーラーと発電機とで電気を確保し、不自由ながらも明かりを灯して暮らせたこと、水だけは充分に使えた事を幸せに思った。

ライフラインが断たれて、混乱しているけど農家には食料が有る。
冷凍庫に備蓄の肉類を取り出して、大家族の暮らし。
避難してきたスタッフは、気丈にしていたが、日中に自宅の後片付けや避難所へ行くとストレスでめまいが起きていたらしい。
今日の事、社宅の空があり我が家から帰っていったが、自宅にはいつ戻れるか、判らない。

ニュースで流れている災害地は、ほんの一部分でしかない。
伝えきれない災害地、避難所の暮らしがあることを知ってもらいたいと思う。
搾乳されないで啼く牛たちも、むごい。
水が断たれて動物たちに水を運ぶ事も並々ならぬ労働になっている。

花茶の営業は、まだ中途半端なまま。
アイスクリームの販売に至っては、目途が立ってない。
災害地が近いだけに、炊き出しの手伝いに出るし事も有り、ランチタイムのみの営業に成っています。

今まで北海道に台風は来ないとか地震も他所事のように思ってきたことを肝に銘じて自分たちの事として予防して暮らせなければと思った。
何時、終止符が打たれるか判らない状況だけど、平常心を取り戻して、災害地に心を寄せていたいと思う。