editor













相変わらず、悪戦苦闘しながらのHPです。 パソコン暦も両手で数えるようになりましたが、未だ初心者マークが外せません(笑)
このページは友人、知人の叱咤激励に気を奮い立たせて、 頑張っている花茶おばさんの独り言のコーナです。

今日は、花茶オープンです(^^♪ 2019/2/16

長いと思っていた冬季休業期間もあっけなく終わり、今日からオープンです。
開店前の今、お客さまが来て下さるだろうかと不安が先立ちます。
そして、今年も花茶は元気で過ごせますように、事故など無いようにと祈るドキドキの朝。

1月の31日から始まった仙台三越でのバレンタインチョコレート商戦は14日終了。
併せて札幌三越も終了しました。
どちらも、「来年も絶対来てくださいね。」と、声を掛けて下さるお客さまに感動して終了です。
札幌担当のスタッフからお客さまのお声を伺って、私も嬉しくて...。
私の担当した仙台も、物凄いお客さまで初日はお客さまに酔ってしまいました。
連日、通って来て下さる方もいらっしゃったし、食べた後「美味しかったぁ〜。」と、声を掛けに来て下さったり本当に有難い反応でした。
来年も来てくださいね。と言われて、速攻でニッコリ頷いたけど、アメデイさんの思惑の中の花茶でした。

仙台の方々は、優しかったです。
デパートのスタッフは、殆ど女性が、主導に動いていました。
最終日の片付けの時も、今まで経験したデパートでは最後まで男性が残って、作業を手伝い指揮していたのに仙台は違っていたわ。
テキパキと動き指揮する女性スタッフを横目で眺めながら、今や女性の時代に成ってきたと思えた。
パートさんたちの声を何気なく小耳に挟んでいたけど、仕事に前向き。
そう言えば仙台の市長は、女性だったなぁと思ったり。(関係ないか・・)
昔のように三食昼寝付きの結婚を理想とする女性が少なくなりましたね。

仙台で仕事中は、忙しくて現場から離れることが出来ず、昼食は殆ど無しの状態だったのに、太って帰って来た私。(笑)
仕事の終了後は、各店舗の廃棄処分されるスィーツをもったいないと頂いたり...。
ホテルの朝食はしっかり食べて、遅い時間の夕食もしっかり食べてそのまま寝る!というパターン。
外食生活をするとこういう事になるんだと改めて食生活の大切さも学びました。
蓄えてきた脂肪を今日から花茶で働いてお客さまに還元できるように頑張ろうっと。(笑)
光の春 2019/2/5

寒くなったり暖かくなったり三寒四温を繰り返しながら春へ春へと向かっているのがよく判るお日様の強さ。

寒くても陽射しに春の輝きのような強さを感じると、もう少しの辛抱だと自分に言い聞かせる今日この頃の私です。

今日までに、地吹雪に遭遇してホワイトアウトの怖さを2回経験した。
とにかく怖い。と言うよりも身の危険を感じて、本当に体を張って雪国で生活をしていると思った。
無事に春を迎えられることを祈らずにはいられない。

昨日は、札幌三越でアメディとコラボのアイスクリームを販売しました。

雪まつりと重なっている事も有り、外国人を見かける事は普通になって、札幌駅などは外国に来ているの私?感覚。

催事会場もひと目で判る海外からのお客さま。
きっと、私も海外に居る時に現地の人たちに同じ目線で見られていたんだろうなぁと思いながらつい観察をしていました。





アメディのチョコレートは、日本国内ではこの三越の催事でにしか販売してないので、目当てに来て下さるお客さまが、多いです。
数万円単位てお買い求め下さる感覚が、私とは異世界の人たちに見えます。

そして、今日から私は仙台の催事の方へ。
アメディチョコのアイスクリームは、かなり反響が良くて大忙しらしい。
14日まで、ガッツな体と精神とで働いてきますね。
チョコレート革命 2019/2/2

早くも2月です。
昨日からゲキ寒い北の島。
雪の降る様子を眺めながら、こんな日に予定がなく家に居られることが、とても嬉しい。

冬季休業中でゆっくり出来るはずだけど、私の身辺は何故だか忙しく自宅待機って日は数えるほどしかありません。
先日は、盛岡まで出張してきました。
岩手富士(?)寒そうに見えました。千歳よりは、暖かいと感じたけど、この時期は、やっぱり寒かった。

2月の声を聞くようになると、ねっ!バレンタインで騒がしくなったね。
あっちもこっちもチョコレートのディスプレイが美味しそうで、心ウキウキしながらニンマリと眺めてしまう。
自分用に準備する人たちが多くなったと言うけれど、きっと、あげたい人を思い浮かべている方も多いはず。
私も、贈りますよ。可愛い彼氏にね。

今年もアメデイのチョコレートアイスクリームを催事で販売することに成りました。
既に、仙台三越には出店中です。札幌三越デパートは6日から。

昨年、アメデイに出会って、私のチョコレート革命が起こりました。
ロッテのガーナチョコレートで育った世代なので...。
生粋のチョコレートって、こういう味、このお値段なのだ..と驚き。

アメデイは、カカオ豆の栽培から手掛け、生粋のチョコレートを製造しているそうです。
カカオ含有量70%前後でも、時間を掛けて製造しているので驚くほどまろやかな味です。
お値段も高級ですが、アイスクリームはお手頃なお値段でご用意させて頂いていますので、ぜひ、この機会に会場へ足を運んでみてくださいね。
農業のHAL(春)の応援財団 2019/1/25

今朝、昨日のブログを綴ったけど今宵も綴りの続けます。(笑)
農業に春(HAL)が来るように応援、支援していく財団としてHAL財団と名前を付けたと磯田理事長様のご挨拶から始まりました。
今回で14回目だそうで、かつてホクレン夢大賞やコープさっぽろ農業賞など有った中でHAL農業賞だけは毎年開催されています。

今日はその嬉しい、HAL農業賞の授賞式でした。
昨年の感動が蘇る中、私も晴れがましい気持ちで参列させて頂きました。

受賞された方々のスピーチは、みなさんの一言、一言が素晴らしくて心に浸みこみます。
前向きな努力を惜しまない、そして農業に誇りを持っている自信に溢れたスピーチで、お上手です。
素直な感情が溢れたスピーチは、心への響き方も違いますね。
去年、私はちゃんと喋れたのだろうかと恥ずかしくなっていました。(ははっ)

昔、百姓と言われていた農業者。
今も百姓に誇りを持っているけど、企業百姓だなぁと思った。
すっかりイメージが変わった農業という職業。
企業として世界へ目を向けている事も、昔とは様変わりしたと言えますね。

今日もお祝いの席で、刺激がいっぱい。
こういう方々と接すると花茶も頑張ろうと思う私がいた。
(写真は、先日千歳のグリーンツーリズム催促セミナーでお話を伺った井田さまと坂東さん、そして磯田理事長さまの喜びの笑顔です。)
小粋な計らい 2019/1/25

昨日は、農業委員会の定例の総会。
市長との懇談会も予定されて、私は、初めて参加させてもらった。

平成28年の農業委員会改正に伴って”市町村長の任命制”になり、私も沢山の方々の後押しを頂いて委員になり、やっと、慣れてきたところです。
殆ど無知と言っていい程で引き受ける事には、随分と悩み迷いましたが、何とか皆の後を歩けるようになりつつです。
幸いなことに千歳の農業委員会は、女性だから男性だからと言う他所で囁かれるものが、まったく無い。

で、懇談会。
例年は、ゲームもしているとの事ですが、面白くないという事務局の素晴らしいお知恵が絞り出された。

昨年度は、天候の異常で農作物に影響したことや9月の台風と地震、それに伴ったブラックアウトと災害続きだった事の厄払いと、
委員ひとりひとりの一年のエピソードを添えて記念品を贈呈するというモノ。

本人も忘れているようなことを把握している事務局は、一年間のあんな事、こんな事を記念品に添えて発表した。
ひとり、ひとりに惜しまない拍手と爆笑の和やかな会でした。
堅苦しいイメージの伴う農業委員会だけどON、OFFをきっちりと切り替えて、新人の私も和めた一夜でした。

可愛いお守りを頂いて、幸先良いスタートを切ります。
ホワイトアウト 2019/1/21

9月の地震以降”ブラックアウト”という単語、その単語の意味が、いかに生活に支障があるか散々交わされていた。
この季節になると”ホワイトアウト”が、暮らしを脅かす北国のこわぁ〜い単語。

雪が少ないよ。なっんて言っていた矢先に、今朝は酷い雪降りになっていた。
こんな日は、大人しくしていたいのだが、出なければならない用事を抱えていると、迷いながら車の準備をする。
車体の雪を降ろす、直ぐに積もる!の現実的作業をしながら、苦々しく雪降りを見上げるワタシ。(笑)

いざ、発進すると既に家の前近くに大型車が、動けなくなっていた。
私は、全ての注意力を前方にして、ゆっくりゆっくりと走った。
1.2メートル先を確認出来るのがやっとの視界。
車を停めたら追突されるので、ゆっくり進みながらも雪で立ち往生していたニュースの映像を思い浮かべながら祈るようにして目的地まで着いた。

そのあと、1時間もたてば嘘のような青空が広がっている。
もしかしたら、キツネに騙された?
家々の前を除雪する人たち、除雪車の忙しなさ、そんな光景に変わってしまった辺りを見回しながら、北国の生活の実感を改めて感じたのでした。
我が家も、あっという間にこの景色。
屋根から降りているのは、お布団ではありません。雪、雪です。
ときめきの研修 2019/1/20

冬季休業中で、この休みの間はのんびりしよう、あそこへ行こう、友達とおしゃべりしようとかいっぱい思って来たけど、意外と忙しい。
思って来たことを半分も果たせないで、1月のカレンダーは後半に突入した。
時間が絶つのが早いと思っていたら友人から「1年があっという間に過ぎるのは、日々に”ときめいてない”からだそうだよ。」とlineが来ました。
ときめきね。無いわ。

昨日は、千歳のGTの研修会でした。
午前中は、ケータリングの仲間と打合せをして、午後は研修会へ走ると言う余裕のない一日。
でも、この方のお話は聴きたいというときめきが、有った。
GT仲間と取り組んでいる農家民泊、民宿についてより詳しく取り組み方などを伺った。

修学旅行生の受け入れのみしているけど、問題は私のモチベーションの上げ方。
仕事に加えて、宿泊学生を受け入れる心の余裕、時間の余裕などが持てなくて、限られた日にちしか受け入れ出来ない。
実際に体験された学生たちが、その後遊びに来てくれたり良い感想を送って下さったりと実践には良い結果が出ていると判っているのだが、無理していくのも精神衛生上良くないと判断している。
そのモチベーションの上げ方等議論されて面白かった。

”いただきますカンパニー”の井田さまのお話の仕方、表情の豊かさ、相手へ振るタイミングの良さなどいちいち感心した。
事業をする上での自分に無理だと判断した時の切り方というのかムリしてまで継続しない姿勢、潔さも感心。
欲張らず、出来ることをしていると思ったけど、頭脳がやっぱり違うのよね。
仕事できる人は、頭脳を活用していると思った。
考えるとか、工夫するとか進歩しようと思う気持ちが薄れつつある私には、刺激的でした。
”ときめく”ってこういう事も含まれるよね。
もっと、私に刺激と喝を入れて、花茶をスタートさせたいと思う研修でした。
ときめいたわ(^^♪スタートするまで課題がいっぱいだもん。
タイへ行ってきました 2019/1/10

娘と孫娘たちと4人でタイへ女子旅行してきました。

花茶の農園でワイン用ブドウ栽培をしているAndrewの奥さんBenzはタイ生まれ。
寒い北海道を離れて冬季はタイへ帰るのを機会に、私たちもタイへ行こうと成った次第です。

現地では、Andrew夫妻に案内して頂いけたので楽ちんで言葉の壁も食べ物も乗り物も、困らない。ショッピングも全く楽しかった!

何となくイメージで後進国的に思ってしまうけど、実際に生活部分では、もう少し何とかならないと思う処が多々だったけど、バンコクの空港のデカさには圧巻された。

事前に暑い!と聞かされていたけど、幸運なのかよく判らないが、滞在中は殆ど曇り空。
気温も30度には届かなくて、27度前後だった。
何回もタイへ来ているけど、こんな気温は初めてだ。と何度もAndrewが言っていたけどね。




アユタヤ観光では、廃墟となった寺院の土台や顔の無い仏像を見て回り、ここで栄えた王国の栄華が偲ばれました。
遥か昔、これだけの建築物と深い信仰心で営まれていた暮らしがあったと思うと、人って凄いと思う。(日本の文化も同じだけど)

水上マーケットや世界一のマーケット散策。そして、象さんの初乗り。

危ないと言われながらも興味津々な屋台。
何処へ行っても屋台、屋台の食べ物の店が、多い。
で、Benzに聞いてみたら、都心部の人たちは日々屋台で食料を購入していて家庭料理は作らないのだという。
Benzも料理がした事が無かったらしく結婚して料理をしなくてはいけないことが、とってもショックだったと笑う。


タイに来て、一番深く感じたことは、日本人は何だかんだ言いながらも食に対しては大切に思っているし拘っている事。
日々が外食なんて...私はムリね。

都心部は、新宿みたいとつぶやくほど都会的で、もしかしたら東京よりも華やかさと妖しさを兼ねているかも。

今回、活気あるマーケットや屋台に触れ、タイの暮らしに触れることも出来て、普段の海外の旅行よりも本場を味わえたと思う。
そして、すっかり娘たちに頼っている、頼り切っている自分にも気が付いた。(笑) あぁ〜楽しかった!
書初め 2019/1/1

明けまして、おめでとうございます。
とっても穏やかな朝陽が射した元旦でした。
カーテンを開けて、両手を合わせて今年の幸を祈らずにいられません。

今日は、小学5年生の孫の書初めです。
中々、気が乗らない孫にやる気を出させるために、杏子ちゃん(お嫁さん)は、苦労します。(笑)

「進む勇気」という単語が気に入って、私と杏子ちゃんとで先ずはの書初めをしてみました。
私は、数十年ぶりのお習字です。
下手な事は、十二分に承知しているけど、この単語が気に入って筆字で書いてみたくなった。
言い訳みたいだけど一発勝負で下手の横好きってやつです。
一番、下手な字が私の字。

孫と3人の字を並べて、何だかとっても幸せ。

さて、昨日の大晦日は恒例のそば道場でした。
殆どがお馴染みさんの参加ですが、初めての方も上手に出来上がるとニッコリ嬉しそう。
例え上手に打てなくても、不揃いな切り方でも自分で打った蕎麦は美味しい!
本当に美味しいんだよねぇ〜。

就学前から蕎麦打ちをしてきたあっ君は、流石に慣れた手つきでした。
毎年見えるSさんも慣れ慣れの手つきで、余裕あり。
久しぶりの方も常連さんも、集まれば楽しい♪
(数十年のお付き合いのSさんは、息子みたいに可愛い。初めてのツーショットね。)

今年も、どうぞよろしく「作者綴り」にお付き合いくださいね。


2018.1-2月
2018.3-4月
2018.5-6月
2018.7-8月
2018.9-10月
2018.11-12月
2017.1-2月
2017.3-4月
2017.5-6月
2017.7-8月
2017.9-10月
2017.11-12月
2016.1-2月
2016.3-4月
2016.5-6月
2016.7-8月
2016.9-10月
2016.11-12月
2015.1-2月
2015.3-4月
2015.5-6月
2015.7-8月
2015.9-10月
2015.11-12月
2014.1-2月
2014.3-4月
2014.5-6月
2014.7-8月
2014.9-10月
2014.11-12月


2013.1-2月
2013.3-4月
2013.5-6月
2013.7-8月
2013.9-10月
2013.11-12月
2012.1-2月
2012.3-4月
2012.5-6月
2012.7-8月
2012.9-10月
2012.11-12月
2011.1-2月
2011.3-4月
2011.5-6月
2011.7-8月
2011.9-10月
2011.11-12月
2010.1-2月
2010.3-4月
2010.5-6月
2010.7-8月
2010.9-10月
2010.11-12月
2009.1-2月
2009.3-4月
2009.5-6月
2009.7-8月
2009.9-10月
2009.11-12月
2008.1-2月
2008.3-4月
2008.5-6月
2008.7-8月
2008.9-10月
2008.11-12月

2007.1-2月
2007.3-4月
2007.5-6月
2007.7-8月
2007.9-10月
2007.11-12月
2006.1-2月
2006.3-4月
2006.5-6月
2006.7-8月
2006.9-10月
2006.11-12月
2005.1-2月
2005.3-4月
2005.5-6月
2005.7-8月
2005.9-10月
2005.11-12月
2004.1-2月
2004.3-4月
2004.5-6月
2004.7-8月
2004.9-10月
2004.11-12月
2003.1-2月
2003.3-4月
2003.5-6月
2003.7-8月
2003.9-10月
2003.11-12月
2002.1-2月
2002.3-4月
2002.5-6月
2002.7-8月
2002.9-10月
2002.11-12月

TOP案内アイス食事いちごゲスト歳時記イベントリンク